壁美人は地震のとき大丈夫?失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
地震で外れないよう、壁側金具と受け金具は16mmの深さで嵌合している。地震に備えるには、高さと奥行の比率から求まる静止荷重に余裕を持たせたり、載せている重量物はなるべく下の方に置くことく。

壁美人が地震でも大丈夫か

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で壁付け収納を作れる!ホッチキスで固定するので、壁に付けた傷がわからず原状回復も問題ない、という触れ込みのDIY部品「壁美人」が好評です。

壁にほとんど傷をつけず、色々なものを壁掛けにできるという便利なグッズです。しかし、ホッチキスの針の力で地震の時は大丈夫かな思うかたもいることでしょう。

壁側金具と受け金具は、互いに16mmの深さで引っかかっています。地震の縦揺れの影響で16mmを超えて動かなければ、嵌合部が外れることはありません。

では、地震の揺れでホッチキスの針は抜けてしまわないのか?メーカー調べでは、ホッチキスの針を石膏ボードに刺すと、下向きには約3.7キロの保持力、引き抜き方向に約1キロの保持力があり、針の数を増やして静止荷重への耐力をつけます。

もし地震のような揺れで動荷重が発生した場合、耐えられるのか?これはケースバイケースですので、メーカーも保証することは容易ではありません。ユーザー側で動荷重にしない工夫が必要です。

そこで、壁側金具と受け金具の隙間に防振ゲルを挟み込み、動きを制約するという方法があります。家電の転倒防止のために100均でも買うことが出来る、ソフトジェルを挟みましょう。

荷物の載せ方にも注意が必要です。

ボックスの重心

形と質量がある物体には重心という重量の中心があります。重心にすべての重さが掛かっていると考えても、概略を知るためにはは差し支えありません。

もし、高さ÷奥行の倍率が1倍、5倍、10倍で同じく6kgの重さのボックスがあるとします。それぞれ重心がボックスの中心にあると仮定すると絵のようになります。

ボックスの重さでホッチキスの針には、下方向と引き抜き方向に力がかかります。ボックスにかかる力を支点と作用点の軸で分解して釣り合いを絵にします。ホッチキスの針には斜め下方向に力がかかるので、分解すると下方向と引き抜き方向に水色矢印の力があるとわかります。

ホッチキスの針の保持力は引き抜き方向のほうが小さいので、倍率に合わせて大小が変わる引き抜き方向の力が許容を超えないように、掛けるものの重さを増減して対応しているのです。

しかし、重いものを上の方に載せると重心は上の方に移動します。すると、引き抜き方向の力が増えてしまいます。

重いものは下の方に、軽いものは上の方に載せると、高さ/奥行の倍率相当の重さに耐えられるようになります。

引き抜き力は単純に合計できない?

ホッチキスの針は一本当たり約1キロの保持力があるので、8箇所に刺せば8キロになりますか?もしホッチキスの針に大きさという概念がなく、正確に一箇所に8本を刺すなら単純な合計になります。しかし実際には、一定の面積に分散して刺すため、引き抜き方向の力で浮こうとするフィルムは、近接した一部のホッチキスの針に当たり力が集中します。


(壁美人のイメージビデオより)

上の例でいれば、ホッチキスの針の一番上の列に力が集中しやすくなります。引き抜き力が均等ではないので、一番上の列にはホッチキスの針の一本当たりに大きい力がかかります。

繰り返しますが、重心を上げるのと下げるのでは地震の時の危険性が変わります。なるべく、重いものは下の方に設置しましょう。

テキストのコピーはできません。