KINOBOで天井が抜けた!対処法と失敗しないコツは?

KINOBOで天井が抜けた!対処法と失敗しないコツは?

木のつっぱり棒でおしゃれに収納が作れる!という便利なDIY部品「KINOBO(キノボ)」ですが、天井が抜ける、結果的に倒壊するという事故がおきています。

賃貸でも天井や壁の表面を傷つけない、とはいえ、KINOBOを縦に使うときは天井の設置場所に気を配りましょう。表面傷はつかずとも板を打ち抜いてしまってはおしまい、そのために下地の見つけ方の基本を覚えましょう。下地というのは、

・建物や部屋の枠組みとなっている柱や梁
・天井を支えているコンクリート製や金属製、木製の梁

のことです。これで、不幸にも天井の石膏ボードが浮いた!抜けた!とならなくなります。

天井の下地位置を想像してみる

もしKINOBOで柱を立てようとする部屋が、ワンルームで下のような感じだったとしましょう。

奥にバルコニーへの出口があり、両側は壁です。右側の天井には梁と思われるでっぱりがあります。

よくある天井の構造を透視してみましょう。

マンションやアパートの場合は、小梁はなく直接コンクリの天井になっていることもありますが、太い梁に対し直角に渡した小梁(こばり)があると天井裏に電灯配線を引き回しやすいので、まだまだこの構造は多いのではないでしょうか。

わかりやすい右側の梁の部分に柱を立てれば、天井が抜ける心配はしなくてもよさそうです。そのほかに場所に柱を立てる場合、天井に張り巡らされた小梁のところ以外に力をかけると、天井仕上げの石膏ボードが割れて抜けてしまう恐れがあります。

梁の位置や間隔は一例であり、きちんとした方法で下地を探し当てて柱を立てることで、KINOBOの倒壊を未然に防ぐことができます。

KINOBOは、ねじを切ったエンドパーツをスクリュー式に回してつっぱりますので、100均の突っ張り棒よりも大きい強度で天井と床を突っ張ります。気を付けてください。

下地を一発で探す方法

天井の石膏ボードを、人差し指や中指の第二関節でトントンと叩いて、場所ごとの音を聞き比べましょう。

木材の下地があるところは叩いた時の音が響かず、やや低い音になります。下地がないところは、石膏ボードの裏側の屋根裏空間に音が響くので、軽い音になります。

ボード裏の下地を探す工具

ホームセンターで売られている、石膏ボード下地探しを使ってもよいでしょう。石膏ボードに細い針を刺して、突き抜けるかどうかで判断するものですが、壁紙があればボードにあけた穴はわかりません。

天井まで手が届かない場合は

それでも、やみくもに柱を立てるのは危険ですのでおすすめしません。壁の上部には梁があるのが普通ですが、部屋の天井側にどのくらい張り出しているかわからないためです。張り出しがなければ、KINOBOで突っ張ったときに天井板がたわんでしまう可能性があります。

初めに、KINOBOのためにそろえた木材の丸棒で、天井を叩いてみましょう。硬いものであれば使えるので、プラスチックハンガーの角などでも代用できますよ。

テキストのコピーはできません。