釘の抜き方はどれがよい?うまく抜く方法は?

釘の抜き方はどれがよい?うまく抜く方法は?

回答:

まず釘抜きを使う。釘抜きが手元にないときはニッパーで釘の頭を少し浮かし、マイナスドライバーの先端で更に浮かせた後、ペンチ等でつかんで抜く。

釘が折れて頭が飛んだ場合も、胴体が突き出ているならペンチなどでつかんで抜く。

胴体まで埋まった釘は、更に打ち込んで目立たなくしてしまう。

解説

釘の抜き方

一旦木材に打ち込んでしまった釘を抜く方法として、最初に使うのは釘抜きです。

手持ちのハンマーの逆端が、カーブした先割れの釘抜きになっている場合は、その釘抜き部分を使いましょう。

釘の頭の下と木のすき間に差し込むように、釘抜きの刃の部分をひっかけます。

ひっかかったら、釘の頭を引き上げると抜くことが出来ます。

釘抜きハンマーを持っていないときは、単独の釘抜きを使うと良いでしょう。どちらも100均で取り扱っていることがあります。

釘抜きをもっていない

釘抜きを持っていないときは、次に使える工具はニッパーです。ニッパーの先端の刃の部分は、釘抜きの刃の部分と同じ構造です。

ですが、ニッパーは鋼線や動線、プラスチックを切断する用途のため、刃が薄くできているので、釘の頭をこじって抜く作業には向いていません

なので、ニッパーを使うのは一番最初に釘の頭を少し浮かせるときだけで、マイナスドライバーが入りそうな程度に浮いたら工具を交代します。

次は、マイナスドライバーの先端をすき間に差し込んで、こじって更に浮かせましょう。

ペンチで頭がつかめる程度に浮いたら、最後はペンチでしっかりつかんで抜きます。

釘が折れて隠し釘状態に


トンカチで釘を快調に打ち込んでいるとき、ちょっと手元が狂った!というとき。

多くの場合は、釘の胴体がぐにゃっと曲がってしまう程度ですが、運が悪く、釘が折れることや、頭だけなくなることもあります。

胴体をどうするか

釘の頭が飛んだ場合、胴体が突き出ていて工具でつかめそうであれば、しっかりつかんで逆方向に抜きます

胴体はギザギザがなく滑りやすいため、しっかりと工具で圧迫してつかむ必要があります。

工具も、力をかけやすい・かけにくいもという特性で分かれます。

工具で圧迫しやすい順に、プライヤー(一番力が入る)⇒ペンチ⇒ラジオペンチになります。

もし胴体まで埋まっているなら、更にトンカチで打ち込んで目立たなくし、他のところに新しく釘を打ちます

釘穴が気になる場合、木工用のパテで埋めると良いです。

隠し釘を抜く方法

もともと釘の頭をわざと飛ばす釘である、隠し釘を抜く場合。

釘の一部が外部に出てなければ、どんなテクニックも意味がありません。簡単に抜くのはあきらめるしかありません。

なんとかして抜く

隠し釘が刺さった木材を、もう一度使うのか、傷めてよいのかによって方法はわかれます。

もう一度使う場合は、時間はかかっても、見た目をきれいに復旧できるように釘穴を削ってひろげます。目的は、釘の頭を出すことです。

ですので、釘穴をドリルで広げるか、釘穴の左右に下穴をあけて隠し釘が外部に見えるようにします。

ラジオペンチでつかめる程度に見えてくれば、あとはつかんで抜きます。隠し釘は細く摩擦が少ないので、少しの力で抜くことができます。

作業用にできた穴は、最後に木工用パテで埋めておきましょう。

隠し釘が刺さった木材を傷めてよい場合

釘が刺さっている木材自体を、釘を引き抜く(浮かせる)方向へゴムハンマー等で叩いて、頭と木材に隙間ができるようにする方法も有効です。

一旦すきまができれば、釘抜きやバール、プライパーですきまの間隔を端の方から広げつつ、木材同士を離していきます。

プライバーと言うのは、ドライバーとバールの中間、良いところを取った工具です。軽くて使いやすい上にすき間に差し込みやすく、こじって隙間を開けるのに向いた工具です。

テキストのコピーはできません。