釘が折れた!抜きたい!対処法と失敗しないコツは?

釘が折れた!抜きたい!対処法と失敗しないコツは?

回答:
釘の頭が飛んだ場合、胴体が突き出ているならペンチ等でつかんで抜く。胴体まで埋まっているなら、更に打ち込んで目立たなくしてしまう。

釘が折れてしまった


トンカチで釘を快調に打ち込んでいるとき、ちょっと手元が狂った!あっ、釘が折れた!となった場合。

釘の頭が飛んだ場合、胴体が突き出ていて工具でつかめそうであれば、しっかりつかんで逆方向に抜きます。胴体はギザギザがなく滑りやすいため、しっかりと工具で圧迫する必要があります。

工具にも力をかけやすい、かけにくいものが分かれ、工具で圧迫しやすい順に、プライヤー(一番力が入る)⇒ペンチ⇒ラジオペンチになります。

胴体まで埋まっているなら、更にトンカチで打ち込んで目立たなくし、他の箇所に新しく釘を打ちます。釘穴が気になる場合、木工用のパテで埋めると良いです。

ちなみに、釘の頭をわざと飛ばして、打った跡を目立たなくする・皮ふや衣類の引っ掛かりを防ぐ目的で、かくし釘という種類の釘があるほどです。

釘の種類と使い分けについて:かくし釘とは

ロイヤルホームセンター 暮らしと住まいのサポート集

かくし釘でよく言われることですが、頭を飛ばした釘を打ち込んでも接合強度は得られず弱くなります。釘の他に木工用ボンド等の接着剤を併用できれば良いですが、釘の頭を飛ばした場合は無理なので、新しい釘を打ちましょう。

胴体が埋まった場合の抜くコツ

釘が刺さっている木材自体を、釘を引き抜く(浮かせる)方向へゴムハンマー等で叩いて、頭と木材に隙間ができるようにする方法も有効です。すでに正しく打った他の釘も一緒に浮きますが、ゴムハンマーなので木材に傷がつきにくい方法です。

テキストのコピーはできません。