釘で木が割れない打ち方は?

釘で木が割れない打ち方は?

回答:
適切な打ち込む箇所の選定と釘選びで割れにくくなる。下穴を開けるのが有効。

解説

木が割れそうだ

残念ですが、釘の打ち方で割れにくくなる、ということはほとんどありません。

釘を軽く叩き、徐々に押し込んでいれば、割れ始めで木の端部まで亀裂が達する前に止めることはできます。しかし、木にとっては釘はくさびを打つように進入してきますので、持っている強度を越えれば、主に木目を伝って割れてしまいます。

ホームセンターに陳列されている木材は、板材でも角材でもツーバイ材でも、空に向かって伸びる木から切り出す以上は、木目が板材・角材の長手方向と平行になります。

木の端部に近いところには釘をなるべく打たない、打つ場合は釘の胴径よりもやや小さい下穴を開けるようにします。

しかし、箱や棚、机などをDIYで作るときのように、どうしても木の端部を使う製作物もあります。下穴を開けず木を割らずに釘を打つ必要があれば、より細身の釘を使う(=締結力はやや弱い)か、プロユースの木割れを防止した釘を試してください。

木割れ最強釘
木割れ最強釘は木割れ抑制に高い効果を発揮します!

おかげさまで釘一筋100年
アマテイ株式会社

釘の軸の先端部分に、特許を取得した一定ピッチの凸リング形状を作りこんだ構造です。

テキストのコピーはできません。