ラブリコの板のはみ出し上限はどこまで耐えられるか

NO IMAGE

回答:
2×4材の短辺を柱に向けていれば、せり出しを400mmに収めていれば30kgの荷重をかけてもずれることはない。木板自体がたわまないよう肉厚のものを選ぶこと。

ラブリコで2×4材の柱を立てて板を渡す場合、取扱説明書では400m以下のせり出しに抑えるよう注意書きがあります。しかし、これを守ってもどのくらいの重量物を載せてよいのかわからず、使い方に迷いますね。重すぎるとたわんで、突っ張りがずれてくることでしょう。

どのくらいが妥当か、SPF材の2×4を使ったとして、構造計算で試算してみます。

2×4の高さ2,400mm、板を400mmだけせり出した場合

天井まで2,400mmで、高さ600mmの位置に付けた板を400mmせり出させたとして、ここに様々な荷重をかけてみます。

2×4材の短辺が壁に向くように、柱を縦に使った場合、

10kgの搭載物→柱のたわみは0.1mm

20kgの搭載物→柱のたわみは0.3mm

30kgの搭載物→柱のたわみは0.5mm

十分に重量物に耐えるというとがわかりました。

念のため、2×4材の長辺を柱に向けて立て、せり出し400mmの棚板を付けたときも試算してみます。

10kgの搭載物→柱のたわみは0.8mm

20kgの搭載物→柱のたわみは1.7mm

30kgの搭載物→柱のたわみは2.5mm

この使い方はたわみの量が大きく厳しいので、柱は強度がでる短辺を壁に向けた方が良いです。

テキストのコピーはできません。