ランドリーラックを突っ張り棒で作りたい

NO IMAGE

洗濯機の上に、いろいろと物を置きがちで、散らかってしまう方。

斜めドラム洗濯機では、洗濯機の上を開閉しないので、ものが増えがちです。そういう方も、洗濯機と天井の間のスペースは空いていたりします。

この空いたスペースが有効活用できる、ランドリーラックが自作できないものでしょうか。できれば、好きな高さに収納を置けるよう、突っ張り棒でできればなお良しです。

洗濯機の左右に縦棒を配置

突っ張り方式の棚や、突っ張り棒を自由な高さに配置するには、まず突っ張れる左右の壁がいります。洗濯機の右か、左には壁があるようでしたら、片側だけ新たに壁が必要です。

壁を簡単に作るのは難しいため、突っ張れる程度のスペースがある柱を立てましょう。天井と床の間に、2X4材を使うディアウォールかラブリコで天井を突っ張って、2本の柱を立てます。

洗濯機の左右に強い柱が立てられたら、そこに、突っ張り棒を自由に取り付けます。

2×4の幅約89ミリだけでは、突っ張り棒式の棚がはみ出す場合、必要な幅の木板を2×4材に取り付けましょう。2×4材は賃貸の壁ではありませんので、釘や接着剤、粘着テープで自由に取り付けられます。

洗濯機の背面に柱を立てる

洗濯機の左右に2×4材を置けない場合、洗濯機の背面に柱を立てます。

この場合は、棚として突っ張り棒は使えません。木の板を、棚受けを使って柱に取り付けます。

高さを変えられないと不便、と考えるなら、2×4材に金物のガチャ柱を取り付けます。ガチャ柱は棚受けを自由に動かせますので、棚の間隔を変更することができます。

棚板の選び方

ランドリーラックに載せるものは、洗濯機周りでつかう洗剤の買い置き品など、やや重みがある可能性があります。

このような場合、棚板の厚みが小さすぎてたわないよう、注意がいります。厚みが15~24mmぐらいのベニヤ板や、見栄えをよくするなら化粧板、パイン集成材を使うことをオススメします。

テキストのコピーはできません。