木にネジが入らない!手回しが無理な時の対処法は?

木にネジが入らない!手回しが無理な時の対処法は?

回答:

木にネジが入らないときの対処法は、ビス外径より小さい下穴を開ける。下穴があっても入らないときは、手回しでも力が入るラチェットドライバーを使う。

解説

木ネジが入らないとき

木ネジを打つ場合、柔らかい木材を使う場合を除き、あらかじめ呼び径より小さい下穴を開けましょう。

木ネジは胴周りが太い、ピッチが短いという特徴から木材と摩擦が大きいので、接合力に優れます。

その代わり、下穴がないと基本的にはうまく入っていきません。

ドライバーの手回しはもちろん、電動ドライバーを使っても入ってくれないことがあります。

下穴を開けることにより、木材に負荷がかかり亀裂などが入ることを防げます。

木ネジが木材の途中までは入ったのに、そこから先に進めなくなった場合も、一度木ネジを抜いて下穴を開けなおすと良いでしょう。

ドライバーをラチェットに変える

普通のドライバーで、ネジ穴がきつくなって入らないときは、ラチェットドライバーを使ってみてください。

ラチェットというのは、回転の一方向だけ力がかかり、反対方向は空回りするような機構をもつ工具の総称です。

ラチェットの中でも、持ち手部分(力点)とネジ部分(支点・作用点)がオフセットしているものは、てこの原理で少ない力でも大きい力をかけられます。

狭いところでネジを締めたいが、通常のドライバーが入らないビス締め用途に向けて、オフセットラチェットドライバーが千円程度で販売されています。

オフセットラチェットドライバーは、ビスを回すときはレバーの左右反復動作で行います。

軽く回しても回転方向の力が入りやすく、力が強くない女性や子供でもサクサクと作業ができます。

組み上げるときだけでなく分解するときにも、長年使ってビスがサビてしまい回せなくなるので、また効果を発揮します。

一つ持っておいて損はないでしょう。

家具のビス締め

イケアや島忠、アイリスオーヤマなどの組立家具は、合板にすでに下穴が開けてある状態で納品されます。

下穴も、錐穴レベルの小さい穴や、ダボを差し込むための筒型の大きい下穴があります。

ここまで準備されているとはいえ、締めるビスの数がとても多いため、これを機に電動ドライバーを手に入れるのも一つの対処法です。

組立家具についてくる簡単な工具は、一つ一つのビスを締めることはできても、ビスの数が多いと疲れてしまいます

サクサクと組み立てを終えるためには電動工具を使うことがおすすめです。

本格的な電動工具は価格が1万円以上して、すぐには手が出ませんが、ビス打ちに特化したペンタイプなら安く手に入ります。

すぐに電動工具を買わなくても、まずはレンタルで試すことができます。

テキストのコピーはできません。