折りたたみいすをDIYで作る方法は?

NO IMAGE

普段は家族の人数分しかもたない椅子ですが、友人を家に呼んだり、親族が家に来たりしたとき、足りなくて困ります。

そんなとき、折りたたみいすがあるとよいですね。学生時代や会社で、いわゆるパイプ椅子を使ったことがある人は多いことでしょう。ですが、部屋に置くのに、パイプ椅子ではおしゃれではないです。

そこで、木製の折りたたみいすを作る方法を説明します。

折りたたむ方法

脚を折りたたむというと、脚となる角材が椅子の内側に向かってたたまれるイメージや、X字のような脚をパンタグラフのようにたたむようなイメージを持つかもしれません。

実は、脚を内側に向かってたたむと、あまり脚の高さを稼ぐことができません。低い椅子になってしまいます。ですので、X字のように脚同士を連結する方法が今回、説明する方法です。

ところが、支点となる位置に貫通穴をあけて、連結金具を差し込むのは意外と難しいです。左右の脚でクロスする位置が微妙にずれてしまうと、座ったときに安定しません。

木に貫通穴をあけずに、椅子の脚をクロスで固定するために、クロスする片方の脚につっかえる部材を取り付けます。

この図は椅子の脚の取り付け方法を説明しています。脚は椅子の座面に丁番(ちょうつがい)で取り付けます。図では省略されています。

図でオレンジ色になっている部分は、現物合わせで取り付けるつっかえの木材です。このつっかえる木片は、外側の脚にとりつけます。この木片に内側の脚があたってつっかえるため、それ以上に動かなくなります。

座面の高さはX字にクロスした脚の立ち具合で決まります。ですので、木片も現物合わせで好みの高さになるように、ビスで取り付けます。

たたむとき

たたむときは、クロスした脚はそれぞれ離れて、一方向に向かって折りたたまれます。

つっかえ木片の位置によっては、内側の脚と干渉してフラットにたためない可能性もあります。

その場合は、木片のように厚みのあるものは使わず、直角な金折という薄い金物をつかうと、比較的フラットにたたむことができます。

注意点

脚と座面の板は丁番でつなぎますが、角材が斜めになれるように、先端を斜めにカットしないといけません。

木材の切断加工が難しい場合は、90度以上に開く棚受け等の金物を使い、脚と板とを離すように設計したほうが良いでしょう。

テキストのコピーはできません。