ポータブルのソーラーパネルを自作!100均で架台まで作れる!

ポータブルのソーラーパネルを自作!100均で架台まで作れる!

キャンプなど、アウトドアの遊びのとき、ソーラーパネルがあると便利ですよね。

ずっと屋外にいるわけですので、車のエンジンをかけなくても、太陽のエネルギーで電気を得られます。

そこで、あまりお金ををかけず、ポータブルソーラー発電を実現する方法を説明します。

パネルと鉛蓄電池の収納

ソーラーパネルは、20Wのアルミフレームタイプを使用します。カーバッテリーは、持ち運ぶことも考慮して完全密閉式のタイプとし、容量は12Ahのものを選びます。

チャージコントローラーは、12Vに対応したものを選びます。ここまでの主な機器は、秋月電子通商で販売中です。

次に、ソーラーパネルの架台 兼 蓄電池の収納を実現するため、細長いプランターを準備します。ダイソーで100円商品として売られています。

プランターの働きは二つあります。

1. ソーラーパネルを傾けて置く架台のベースになる
2. ソーラーパネルと接続するチャージコントローラーと鉛蓄電池を収納し、持ち運びやすくする

ソーラーパネルは長方形型をしていますので、その一辺を支点にすると傾けておくことができます。

支点を作るためのグッズは、蝶番という金具です。ダイソーで100円商品として売られています。

作り方と使い方

蝶番の平らな面に、強力両面テープを貼り、プランターのへりとソーラーパネルの枠どうしを接着すれば、だいたい完成です。

ソーラーパネルの裏面から、電気配線を通じてチャージコントローラーがぶらさがっていますので、プランターの中に収納します。

ソーラーパネルを太陽に向けて角度をつけたいときは、突っ張り棒を使います。ダイソーで100円商品として売られています。

突っ張り棒を外してプランターの中に収納すれば、ソーラーパネルは水平になりプランターのフタになります。

全体の高さが低くなりフラットですので、車のトランクに積むときも邪魔になりません。

テキストのコピーはできません。