パソコンデスクにプリンタを収納する棚を自作したい

パソコンデスクにプリンタを収納する棚を自作したい

お出かけ前にネットで地図を調べたときにプリントアウトしたり、12月に年賀状を印刷するため、プリンターを持っているご家庭もあるこでしょう。

普段、ノートパソコンは決まった机で使っている方も、プリンタは使うときだけ出してくるようにしているかもしれませんね。

というのも、プリンタはデスクの上で場所を取りすぎます。でも、デスクにプリンタ専用の棚を作り、邪魔にならずに収納する方法があります。

デスク板の下を活用

元々がパソコンデスク用途のものであれば、デスクの上方に可動棚を作れるようになっているものもありますが、普通のシンプルなデスクではそうはいきません。

その代わり、デスク板の下が空いていますので、ここにプリンタ用の棚を付けます。

側板を付ける

家庭用プリンタは、スキャナーとプリンタが一体化したものが普通だと思います。プリントの用紙を入れる部分と排出される部分が、両方とも前面にあるため、スキャナーを使う頻度が低い方は、プリンターの上ぎりぎりに棚板が来ても使用上は問題がありません。

プリンタを載せる棚を、ゲームセンターで人気のクレーンゲームのように、左右両側から側板で支えます。

まず、プリンタの高さよりやや高さのある側板を、デスク板の下に垂直に固定します。固定には、角部にL字金物を活用して、しっかりと付けます。

プリンタを載せる板をサポートする構造

次に、側板の最下部に、角材をビスで取り付けます。プリンタを置く板はこの角材に支えられます。

最後に、プリンタを置く棚板を角材にかかるように置き、更に別の角材で挟むように置き、別の角材は側板にビス留めします。ちょうど、最初の角材と別の角材で、プリンタ棚板のガイドを作るようにします。

こうすると、プリンタを置く棚板を多少前後させても、いきなり外れて落ちることがありません。

注意点

普通にプリンタを使うときは、プリンタ棚板を引き出さなくても使えます。

上部のスキャナーを使う場合は、少し引き出してスキャナーカバーが開けられるようにします。プリンタがバランスを崩して落ちそうであれば、無理をせず床に降ろすなどして使いましょう。

テキストのコピーはできません。