賃貸にプロジェクタを付けたい!天井に配する方法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

賃貸で暮らしている方の中には、大画面の映像を楽しむためホームシアターを作り上げたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのためプロジェクタを置かないといけませんが、できることなら邪魔になるテーブル上に置くのではなく、天井近くに置きたいもの。

しかし、天井にビスを打てない賃貸では、天井取り付けの金具を使って固定する方法がとれません。どうするのが良いのでしょうか。

DIYで作る柱、天井板が便利

天井に金具で固定はできないため、別の方法を考えてみましょう。その時に役に立つツールが、2×4材を床と天井で突っ張って固定できる「ディアウォール(diawall)」です。

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!という機能性が多くの人に支持されています。突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけないのが嬉しいところです。

類似のグッズに、「ラブリコ(labrico)」「ウォリスト(walist)」もあります。アイデア次第でおしゃれなインテリアを作れます。

天井近くに台を作る

ディアウォールは、2×4の木材の両端を天井と床で突っ張る仕組みです。強く固定できますので、重量のあるプロジェクタを置く板を天井近くで支持することも可能です。

二本の柱をディアウォールで立てて固定したら、両方の柱の間の天井近くに板か柱を渡して、元の柱と金具で固定します。その横板の上にプロジェクタを配置します。設置面積が足りない場合は、横板の上に別のサイズの板をネジ固定すると良いでしょう。

横板の耐久性

プロジェクタの重みで板がたわんでこないか心配です。プロジェクタも小型から本格派までいろいろありますが、10kg程度と想定します。

板に載せる荷重を10kgとし、板の中間にすべての荷重が掛かったと計算上は仮定し、たわみが最大1mmになるところを限界点として、早見表にしました。

単位はmm、赤い背景は使用不可のところです。

  板厚 横幅600mm 横幅900mm 横幅1200mm 横幅1820mm
SPF 1×4 (19x89mm) 0.8 2.8 6.9 24.9
2×4 (38x89mm) 0.1 0.3 0.9 3.3
2×8 (38x184mm) 0 0.1 0.4 1.8

上記の表の応用として、板の奥行を2倍にした場合、たわみ量は単純に2分の1になります。

900mmで幅で板の両端を固定する場合、10kgの荷重に対し2×4材程度、つまり19mm以上の厚みがあれば、たわみは気にならない程度に抑えられます。

インテリア的に許すならば、プロジェクタの幅より少し広い間隔で二本の柱を立て、そこに板を渡すのが確実です。600mm間隔であればかなり安心です。

1,200mmの横幅の板でも強度的に使えますが、1×4材では難しいです。

柱が一本の場合

プロジェクタ程度であれば、柱は一本だけで、そこに板をL字型の金具で取り付けても良いと考えるかもしれません。この場合、プロジェクタの重みで柱が崩れるこないか、心配があります。

崩れないようにどこまで耐えれば良いかを考えるにあたり、

ディアウォールを2,400mm高さの天井に突っ張る力→10kg

ディアウォールと天井の摩擦係数→0.5

とし、10kg×0.5=5kg (49N; ニュートン)の力を計算上の限界とします。

表の中の単位はNです。

  載せる板の張り出し長さ 1,200mm 1,800mm 2,100mm
SPF 2×4 150mm 9.1 6.8 4
200m 12.2 9.1 5.3
300mm 18.3 13.7 8

49Nの計算限界に対し、結構なオーバーハング状態の板の出っ張り300mm、天井近くの2,100mmにプロジェクタを置いてまだ余裕があります。実際は安全率を見ておく必要があり、半分の約24Nぐらいをボーダーラインとしたいところですが、それでも問題ないでしょう。

テキストのコピーはできません。