ウサギ用のすのこスロープを作る方法

NO IMAGE

元気に飛び回るイメージのうさぎですが、年を取ってくるとジャンプ力もなくなってきます。

高齢のうさぎは、ちょっとした段差を超えるのも危なっかしくなるので、スロープがあれば安心です。

うさぎのケージと床面の段差をなくすスロープを、すのこで作る方法を説明します。

ポイント

すのこスロープを作るときのポイントは二つあります。

板の隙間をなくす

どこに足をかけても安定させる

板の隙間をなくす

売られているすのこは通常、収納に使うので、空気の流れをさえぎらないよう、板と板にすきまがあります。

スロープにするときには、すきまがあると危ないので、すのこを分解して板を整列させ、ぴったりとくっつけます。

板を並べた後、裏面からタッカーを打って連結するとよいでしょう。

安定させる

安定させるには、スロープの上端、下端がそれぞれ、ケージの入り口と床にぴったりとついて、重さを支えてくれると良いです。

しかし、ケージの入り口にスロープを載せてしまうと、かえって段差ができてしまいます。

そこで、ケージの入り口からすこし高さが低くなるよう、スロープ自体の脚で傾斜をつけます。

普通なら、すのこ板と脚はビスで固定するのですが、スロープ面をうさぎが歩行することを考えると、表面にビスが見えているのは危険です。木材同士は接着するほうが安全です。

脚に使う木材は、接着することを考えて、接着面が広い、厚みがある角材やブロック材を使うとよいでしょう。

すのこ板と脚が接触しない部分があると、その板だけが荷重をうけて壊れやすくなりますので、気をつけましょう。

表面の処理

すのこの板は、表面がすべりやすくできています。これはスロープには向いていません。

すべり止めの処理として、ゴムシートを貼ると良いのですが、うさぎの場合はかじってしまう恐れがあります。

そこで、板の表面をペーパーやすりで荒らしてあります。

出来上がりイメージ

ケージの前にスロープを取り付けた写真です。(写真掲載予定)

出入りもスムーズになったようです。(写真掲載予定)

テキストのコピーはできません。