裁縫上手の成分は?ボンドとは違う?

NO IMAGE

回答:

裁縫上手は合成ゴム系の樹脂を水に溶けるよう加工し、水と混ぜている。体に有害な溶剤は使っていない。

解説

裁縫上手とは

園児や小学生のお子様を育てている奥様、パンツやデニムを頻繁に買い替える奥様にぴったり、体操服のゼッケン付けも、パンツの裾上げも、ミシンどころか縫うこともなくできる布用接着剤、それが裁縫上手です。SNSで評判になるのも納得、ボンドで有名な接着剤の老舗、コニシが発売している、留めたいところをアイロンと合わせてぴたっと留めてくれます。

これならば、保育園、幼稚園の入園準備もサクサク進みます。時間がないから諦めて買ってしまおうと思っていた、弁当袋や体操服袋なども自分らしく作れます。

とはいえ、子どもが使うグッズにも使いますので、成分が気になりますね。中身は何なのでしょう。

裁縫上手はウレタンゴム

裁縫上手は、木工用ボンドとは全く違う接着剤です。色は白っぽく似ていますが、固まり方が違い、大気中で水分が抜ける時に、実は成分同士も化学反応を起こします。

接着する樹脂は、合成ゴム系の成分からできています。スポーツシューズに底面に使われているのと同じ種類の、弾力性のあるウレタンゴムが使われています。

弾力があった方がないよりも良いですよね、布は全般的に様々な糸を編んでできていますので、引っ張れば多少は伸びますから、裁縫上手も衣類の伸びに合わせて一緒に伸縮してれるのです。

ところでゴムといえば、一般的には水に溶けず、有機溶剤では溶けます。一般消費者が生地や衣類に使う接着剤に、体に有害な有機溶剤は好まれませんので、水に溶けるような処理をしてあります。

今度は水や熱に弱くなり、洗濯やアイロンなどですぐ接着が弱くなってしまいますので、水に耐え、また熱にも耐えるように、別の処理を加えています。

メーカーの製品ウェブサイトや製品パッケージに書いてある成分は、正しくは水性シリル化ウレタン樹脂というものです。いろいろな家庭用・生地用の要求に沿って見出された、消費者の期待を満たす優れものなのです。

テキストのコピーはできません。