裁縫上手が剥がれない!対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

裁縫上手は、アイロンで加熱、長時間の放置を行ったらまず剥がれない。接着が未完了ならまだ剥がれる可能性あり。

解説

裁縫上手とは

ボンドで有名なコニシですが、CMでよく見るように布用接着剤も発売しています、それが裁縫上手。口コミで広まっています。

ズボンの裾上げでも体操服のゼッケン付けでも、ミシンどころか縫うこともなくできてしまう、しかも、留めたいところを裁縫上手とアイロンで接着するだけ。スティックなら一日放置するだけ。

日頃は時間がなく、保育園、幼稚園の入園準備や、通園グッズの修繕が延び延びになっている方でも、貼り合わせるだけの時短で、かわいい手芸ができます。

とはいえ、貼り合わせに失敗した!接着をやり直したいと思う場面はよくあります。しかし、現実には剥がれないことは起こります。どうすれば良いのでしょう。

接着の仕組みがポイント

裁縫上手は、木工用ボンドやスティックのりとは違う固まり方をします。

接着する成分は合成ゴム系で、水に溶かしてあります。水分が抜ける時に、しっかりと化学反応を起こしながら徐々に固まります。

ゴム系接着剤と言うと、衝撃に強い万能接着剤を思い浮かべる方もいるかもしれません。布は全般的に様々な糸を編んでできていますので、使っている時に伸び縮みがあります。裁縫上手も、生地の伸び縮みに合わせるように弾力を持っているのです。

一般的なゴムは有機溶剤などを接触させると、ゴム結合の網目に溶剤が浸入し(膨潤)、結合が弱くなります。裁縫上手では、耐溶剤性を高めるために構造に工夫があり、一度高い温度でゴムの化学結合を強くして、耐性を上げます。

ですので、メーカーが示す使い方を守ってアイロンで高温に一定時間さらしたとすれば、接着材自体はまず剥がれないです。

生地に染み込みやすい水性接着剤ですので、接着剤が付着した生地を痛めないと剥がれないでしょう。

加熱前ならどうか

塗布しただけで、加熱前ならばアルコールなどで除去できる可能性が高いです。接着成分に染み込み、膨潤してくれます。

ただし、使う布への染み込み具合や、接着剤の塗布量などはケースバイケースですので、確実に取れてくれるとは断言できません。

テキストのコピーはできません。