裁縫上手は洗濯機で洗えるってホント?

NO IMAGE

回答:

裁縫上手は水に対して耐力があるので洗える。洗濯機で生じる物理的な力(引っ張り、こすれ)などで接着が弱まることはある

解説

裁縫上手とは

ボンドで有名なコニシが発売している、ズボンの裾上げでも体操服のゼッケン付けでも、ミシンどころか縫うこともなくできる布用接着剤・裁縫上手が人気です。留めたいところを裁縫上手とアイロンで接着するだけの簡単さ。

保育園、幼稚園の入園準備で大忙しの方にも、通園グッズの弁当袋や体操服袋が貼り合わせるだけでかわいく作れます。日頃の洗濯でも取れにくいと謳っています。

とはいえ、水につけたり、洗濯機でがんがん回りしたりして果たして大丈夫なのでしょうか

水は大丈夫、洗濯機の洗いは厄介

裁縫上手は、木工用ボンドとは全く違う固まり方をし、大気中の湿気を使って化学反応を起こしながら徐々に固まります。固まるまでは水と反応しやすいようにできていますが、固まった後は、ほとんど水とは反応しません。

接着する樹脂は、合成ゴム系です。布は全般的に様々な糸を編んでできていますので、引っ張れば多少は伸びます。裁縫上手も、衣類の伸びに合わせるように弾力を持っているのです。ゴムですから、水と接触していても人の目で見てわかるほどは染み込んだりしません。

一方、洗濯機が起こす大きい力に対して、常に接着が頑張れるわけではありません。勢いよく水とぶつかったり、脱水で強い引っ張りを受けたりすると、どうしても接続が弱いところから切れます。

洗濯の力で切れるのは糸のほうだったり、ゴムのほうだったりと様々ですが、常に万能ではないということです。

テキストのコピーはできません。