裁縫上手と木工用ボンドの違いは?

NO IMAGE

回答:
裁ほう上手は合成ゴム系の樹脂を水に溶かしてあり、化学反応で固まる。木工ボンドも樹脂を水に溶かしてあるが、乾燥で固まる。

解説

裁ほう上手とは

ボンドで有名なコニシが発売している、ズボンの裾上げでも体操服のゼッケン付けでも、ミシンどころか縫うこともなくできる布用接着剤・裁ほう上手がSNSで評判です。留めたいところを裁ほう上手とアイロンで接着するだけの簡単さ。

保育園、幼稚園の入園準備で大忙しの方にも、通園グッズの弁当袋や体操服袋が貼り合わせるだけでかわいく作れます。日頃の洗濯でも取れにくいと謳っています。

裁ほう上手は、結構いいお値段がしますが、100均でも手に入る木工用ボンドと何が違うのでしょうか。代用できたりしないのでしょうか。

裁ほう上手はウレタンゴム

裁ほう上手は、木工用ボンドとは全く違う固まり方をし、大気中の湿気を使って化学反応を起こしながら徐々に固まります。

接着する樹脂は、合成ゴム系です。スポーツシューズに底面に使われているのと同じ種類の、弾力性のあるウレタンゴムでできています。布は全般的に様々な糸を編んでできていますので、引っ張れば多少は伸びます。裁ほう上手も、衣類の伸びに合わせるように弾力を持っているのです。

ゴムは水に溶けず、有機溶剤に溶けます。生地や衣類に使う接着剤に、体に有害な有機溶剤は好まれませんので、水に溶けるような処理をしてあります。

今度は水や熱に弱くなり、洗濯やアイロンなどですぐ接着が弱くなってしまいますので、水に耐え、また熱にも耐えるように、別の処理を加えています。

メーカーの製品ウェブサイトや製品パッケージに書いてある、水性シリル化ウレタン樹脂という成分は、いろいろな家庭用・生地用の要求に沿って見出された、消費者の期待を満たす優れものなのです。

一方の木工用ボンドですが、水が乾燥することで固まります。ですので、洗濯などの水にとても弱く、衣類の接着には使えません。

テキストのコピーはできません。