裁縫上手でシミができた!対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
裁ほう上手は合成コム系接着剤だが、最初は水に溶ける処理をして水分があるので、薄い生地では染み出す恐れあり、適さない。

解説

裁ほう上手とは

ボンドで有名なコニシが発売している、ズボンの裾上げでも体操服のゼッケン付けでも、ミシンどころか縫うこともなくできる布用接着剤・裁ほう上手が人気です。留めたいところを裁ほう上手とアイロンで接着するだけの簡単さ。

保育園、幼稚園の入園準備で大忙しの方にも、通園グッズの弁当袋や体操服袋が貼り合わせるだけでかわいく作れます。日頃の洗濯でも取れにくいと謳っています。

ですが、裁ほう上手を接着する面に塗布したとき、染み込んでしまい、裏側にシミができる失敗があります。どうしてなのでしょうか。

水系の接着材

裁ほう上手は、木工用ボンドとは全く違う固まり方をし、大気中の湿気を使って化学反応を起こしながら徐々に固まります。

接着する樹脂は、合成ゴム系です。布は全般的に様々な糸を編んでできていますので、引っ張れば多少は伸びます。裁ほう上手も、衣類の伸びに合わせるように弾力を持っているのです。

合成ゴム系樹脂は水に溶けないので、普通は有機溶剤を使っています。万能型のボンドなどは一例です。しかし、家庭用・衣服用で有機溶剤のにおいがしては問題ですので、裁ほう上手は化学処理で水に溶けるように変性させた、水性の接着剤になっています。

ですので、生地の性質によっては、水分が染み込み裏側まで達してしまうのです。

このままアイロンで加熱すると、生地の中に接着剤の固まりが出来て、周りの生地とは異なる風合いになるため、シミとして見えます。

残念ですが、薄手の生地には適さないので、使用を控えたほうが良いでしょう。

テキストのコピーはできません。