裁縫上手は耐水性がない?本当にある?

NO IMAGE

回答:

裁縫上手は耐水性があり、洗濯にも耐える。そのため、アイロンタイプならしっかりと加熱して接着することがポイント。スティックタイプなら塗る分量を守り、十分に接着するまで放置すること。

解説

裁縫上手とは

ミシンどころか縫うこともしないで、ズボンの裾上げでも体操服のゼッケン付けでもできてしまう布用接着剤・裁縫上手が人気です。留めたいところに塗って、裁縫上手とアイロンで接着するだけの簡単さ。ボンドで有名なコニシが発売している、まさに布用のボンドといえる看板商品です。

以前から裾上げテープという別の商品は世の中にありましたが、保育園、幼稚園の通園グッズでよくある、弁当袋の底面や体操服袋の取っ手部のような力のかかる場所でも、裁縫上手なら使えます。入園準備の時間がない!とお困りでも、布同士を貼り合わせるだけでキラキラのグッズが作れます。更に、日頃の洗濯でも取れにくいのが嬉しいですね。

日頃よく使うものを接着するので、洗濯で取れにくいといっても、洗濯数回程度でダメになっては困りますが、耐水性はあるのでしょうか。

接着の仕組みがカギ

裁縫上手は、木工用ボンドとは全く違う固まり方をして布同士を強く接着します。

接着成分は、化学反応を起こしながら徐々に固まります。固まるまでは水と反応しやすいようにできています。しかし固まった後は、ほとんど水とは反応しません。

接着成分を構成しする樹脂は、合成ゴム系です。どうしてゴムが必要なのかというと、布は様々な糸を編んだ網目状で、左右に力を掛けて引っ張れば、変形して伸びます。接着している裁縫上手も一緒に変形し、伸びる必要があるためです。

ところでゴムは一般的に、有機溶剤に弱い弱点があります。有機溶剤に接触させると、ゴム結合の網目に溶剤が浸入し(膨潤)、結合は当初よりも弱くなります。

これでは有機溶剤を使うドライクリーニングに耐えませんので、耐溶剤性を高めるために構造に工夫があり、一度高い温度で化学反応を起こしゴムの結合を強くすることが行われます。

メーカーがアイロンでしっかり加熱しましょう、と推奨するのは、加圧しつつ高温に一定時間さらす、というのが結合を強くする作業のためです。これをしっかりやれば、溶剤で簡単に膨潤することはなくなります。

洗濯機で多くの衣類を一度に洗うと、水を吸って重くなった衣類と絡まったりして、大きな力が接着部にかかる恐れがあります。常に接着が頑張れるわけではなく限界はありますので、どうしても接続が弱いところから切れます。

洗濯の力で切れるのは、布を構成する糸のほうだったり、接着しているゴムと糸の界面だったりしますが、いつも洗濯に対して万能ではないということは、気に留めておいてください。

テキストのコピーはできません。