裁縫上手が取れない!対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

しっかりアイロンで加圧した場合はそうそうは取れない。温度や塗布量の誤りで接着が未完了なら取れる可能性あり。

解説

裁縫上手とは

ボンドで有名なコニシが発売している、CMも見かける裁縫上手ですが、パンツの裾上げも体操服のゼッケン付けも縫わずにできてしまうと口コミで広まっています。留めたいところを裁縫上手とアイロンで接着するだけの、時短したい方にピッタリ。

保育園、幼稚園の入園準備で日宇町名、弁当袋や体操服袋などの通園グッズも、貼り合わせるだけでかわいく作れ、お子様も大喜び。洗濯しても取れにくいのも嬉しいですね。

でも、ちょっと曲がった!接着をやり直したい!と思う場面はよくあります。しかし、現実には取れないことは起こります。どうすれば良いのでしょう。

接着の仕組みがポイント

裁縫上手は、木工用ボンドと似た見かけですが、全然違う方法で接着します。この接着剤は、大気中に水分を放出して、同時に化学反応を起こしながら徐々に固まっていくのです。

そして、接着剤の素材は合成ゴム系です。ゴム?といえば輪ゴムを思い出しますが、運動靴の底などもゴム素材の一種です。

ゴム素材を使うのは、布が伸びるのに合わせて剥がれないためです。布は様々な糸を編んでできていますので、引っ張れば伸びますし、力を緩めれば縮みます。裁縫上手も、衣類の伸びに合わせるようになっています。

裁縫上手は、メーカー推奨では塗布部をアイロンで加熱、加圧します。これは、ゴムの元の素材を高温に一定時間さらすことで、ゴムの絡み合いを強くしているのです。

加圧・加熱をしっかりやった後は、接着材自体はまず取れないです。もともと、生地に染み込むように水性にしていますので、接着剤が付着した生地を損傷しないと取れないでしょう。

加熱前ならどうか

ゴムは、有機溶剤などを接触させると、結合網目に溶剤が浸入して(膨潤)結合が弱るという弱点があります。

ですので、塗布しただけで加熱前ならば、アルコールなどを染み込ませれば除去できる可能性はあります。接着成分に染み込み、膨潤してくれます。

どのくらい布へ染み込んでいるか、塗ってから時間が経っているかなど、状況がケースバイケースですので、取れてくれるとは確実に言うことはできません。

テキストのコピーはできません。