裁縫上手が取れる!対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

片側にしか塗布していない場合やアイロン加熱が足りない、放置時間が短い場合などは取れやすい。

解説

裁縫上手とは

ズボンの裾上げでも、園児の体操服のゼッケン付けでも、ミシンも手縫いもなくできてしまう布用接着剤です。ボンドで有名なコニシの製品です。

留めたいところを裁縫上手とアイロンで接着するだけの簡単さ。保育園、幼稚園の入園準備で大忙しの方にも、通園グッズの弁当袋や体操服袋が貼り合わせるだけでかわいく作れます。

日頃の洗濯でも取れにくいと謳っていますが、接着した後に取れることが実際には起こります。どうすれば良いのでしょう。

接着の仕組みが鍵

裁縫上手は、木工用ボンドと少し似た白っぽい色合いや柔らかさです。しかし全く違う固まり方をします。実は、水分が抜ける時に化学反応を起こし、徐々に接着していきます。

化学的に結合する接着剤の中身は、合成ゴム系の樹脂です。

ははぁ、ゴムなのね、と思ったあなた、その気づきの通りです。布を接着するわけですが、布は糸を編んでできていますので引っ張れば多少は伸びます。ですから、裁縫上手も衣類が伸びたら一緒に伸びてくれないと、はがれてしまうわけです。

さて、塗布した後から水分が抜けて固まり始めますが、ゴム成分が生地にしっかりと絡まってくれないといけません。紙のりや木工用ボンドのように片側しか塗布しないと、縫っていない生地面とはくっつかず取れることがあります。

ゴムは有機溶剤などを接触させると、ゴム結合の絡み合った網目に溶剤が浸入し、絡み合いが弱くなります。膨潤と呼びます。

ただし、布用接着剤として使う以上、洗剤や有機溶剤(ドライクリーニングで使う)に耐えないといけません。耐溶剤性を高めるために工夫された構造を持ち、高い温度に一度曝すことでゴムの結合を強くします。

メーカーが推奨した使い方で、アイロンで加圧しつつ高温に一定時間さらしてください。加圧・加熱をしっかりやった後は、接着材自体は簡単に取れることはないです。

塗布しただけで、加熱していないならば、ゴム同士の接着があまり進みませんので、取れることもあるでしょう。ただし、使う布の種類や接着剤の染み具合、塗った量などは様々ですので、加熱なしの場合が一概にダメとも言えません。

テキストのコピーはできません。