裁縫上手の使い方を分かりやすく知りたい!

NO IMAGE

回答:
接着剤の塗布は両面に、その後はしっかりと加熱して接着することがポイント。

解説

裁ほう上手とは

ボンドで有名なコニシが発売している、ズボンの裾上げでも体操服のゼッケン付けでも、ミシンどころか縫うこともなくできる布用接着剤・裁ほう上手が人気です。留めたいところを裁ほう上手とアイロンで接着するだけの簡単さ。

保育園、幼稚園の入園準備で大忙しの方にも、通園グッズの弁当袋や体操服袋が貼り合わせるだけでかわいく作れます。日頃の洗濯でも取れにくいと謳っています。

日頃よく使うものを接着するので、間違いのない使い方を知りたいですね。説明いたします。

接着の仕組みが使い方のカギ

裁ほう上手は、木工用ボンドとは全く違う固まり方をし、大気中の湿気を使って化学反応を起こしながら徐々に固まります。

接着する樹脂は、合成ゴム系です。布は全般的に様々な糸を編んでできていますので、引っ張れば多少は伸びます。裁ほう上手も、衣類の伸びに合わせるように弾力を持っているのです。

塗布した後から湿気で固まり始めますが、ゴム成分が生地にしっかりと絡まってくれないといけません。そのため、貼り合わせる生地の両側に接着剤を塗布して伸ばします。片側しか塗布しない紙のりや木工用ボンドとは異なります。

ゴムは有機溶剤などを接触させると、ゴム結合の網目に溶剤が浸入し(膨潤)、結合が弱くなります。ただし接着剤として使うため、耐溶剤性を高めるために構造に工夫があり、一度高い温度でゴムの結合を強くすることが行われます。

つまり、メーカーが示す使い方で、アイロンで加圧しつつ高温に一定時間さらす、というのが結合を強くする作業です。このとき、生地の両側に塗ったゴム成分が絡まりあい、良く接着が効くようになります。

高温加圧をしっかりやれば、その後は溶剤で簡単に膨潤することはなくなります。有機溶剤で洗うドライクリーニングにも耐えます。

テキストのコピーはできません。