ノコギリの正しい力の入れ方は?

ノコギリの正しい力の入れ方は?

回答:
のこぎりを引くときに力を入れ、押す時は力を抜くのが正しい。引くときだけ削れる。押す時は少しのこぎりを立てると戻しやすい。

解説

ノコギリの力の入れ方が知りたい


ノコギリは木工DIYの基本です。学生時代に授業で触ったことはあっても、いざやってみると、引くときに鋸がひっかかったり、押す時に詰まってノコギリが曲がったり、ギーコギーコとリズムよくいきません。

熟練者とは、力の入れ方が違うのでしょうか。

のこぎりは引くときが肝心

ノコギリの刃は、引くときに木材を削り取って、押す時は切れないようになっています。お手持ちのノコギリを間近で観察してみると、手前側が急角度で立っていて、奥側は寝ていると思います。

力の入れ方のポイントは、①押す時には力をいれない、②引くときに力を込める、となります。

引くときには木材の抵抗力に勝てるので、ノコギリを寝かせて引くとよく切れます。

反対に押す時(戻す時)は、木材の抵抗力でひっかからないよう、ノコギリを立てて木材とあまり接触しないようにするとスムーズです。

力の入れ方の他のテクニック

ノコギリで切る木材の両端をしっかり固定しておくのが、不用意なケガを防ぐためには大事です。

ですが、実は切る木材の片方を固定せず軽い重しを載せておくと、ノコギリで切れていけばいくほど切れた木材が傾き、切断幅が広がるため木材の抵抗力が少なく、簡単に切れるようになります。

切断の最後の方は木材表面を剥がす木割れを起こすかもしれませんので、重しを取って慎重に切ってください

テキストのコピーはできません。