100均材料で本棚を自作したい

100均材料で本棚を自作したい

ネットやSNSで情報を入手することが多くなり、紙の本も買わなくなりました。

それでも、ネットには落ちていない人気作家の小説、資格勉強の本、フリマアプリでごそっと集めた中古漫画など、本棚があれば片付くなーと思う方もいるのではないでしょうか。

本格的な本棚を買うまではいかなくても、ちょっとした本棚があると便利です。

そこで、あまりお金をかけず、100均の材料で本棚を作る方法を説明します。

100均の木材=すのこ

ダイソーなどで手に入る木材といえば、すのこです。

すのこ状に組み上げて数百円で売られていますが、解体して別の家具の材料にする狙いで手に入れます。

まず、すのこを本棚用のサイズに分解します。

すのこの横幅は、本棚にするにはやや大きめです。思い切って半分にカットすると、一つのすのこから左右の側板材料が取れます。

すのこを縦に半分にわけるとき、すのこの脚をのこぎりで切らないといけません。ノコギリを持っていない方はここの作業は飛ばしても良いです。

すのこを組み立てる

棚板代わりのすのこも手に入れて、左右の側板と組みあわせて固定します。

やりやすい作り方は、左右のすのこの脚に棚板を載せていく方法です。載せたら、お互いに釘やビスで固定します。

すのこの脚の間隔が、本棚にした時の棚板の間隔になります。

百均のすのこは、価格が安い分木材が薄く、板の側面に釘やビスを打ちにくい場合があります。

そのときは、L字の補強金物を使って互いに固定しましょう

補強金物ですのこ同士をしっかりと直角に固定すると、安定します。

図解ではL字金物をすのこの上面に取り付けています。この向きは取り付けが簡単です。

もし、すのこの脚同士の高さに差がなければ、すのこの下面にL字金物を取り付けてもよいでしょう。すると、本をしまうときに金物が気になりません。

ぐらつくときの補強方法

組み立ててみて、本の出し入れで本棚が左右にゆらゆらする場合、

別の板を追加で取り付けて補強しましょう。百均で売られている安い板でも、サイズが合えば補強に使えます。

側板、棚板だけで組み立てると、全体が平行四辺形状に変形しやすくなります。

変形を防ぐため、別の板は背板として、本棚の裏側からすのこに固定します。

板とすのこのねじ留めを増やすほど、本棚の動きは減って安定してきます。

あとは、最下段に重たい書籍を収納すると、全体の重心が下がってもっと安定しますよ。

テキストのコピーはできません。