テレビ台をDIYで作るなら板厚はどのくらい必要?

NO IMAGE

液晶テレビを買い替えても、テレビ台は変えない人も多いのではないかと思います。ニトリや無印、IKEAで様々な新製品が選べますが、おしゃれさや収納力を重視すると、意外とコストがかかってしまうのが難点です。

一人暮らしの方や、夫婦二人だけの賃貸暮らしで、できるだけシンプルな暮らしを目指したい方は、自作してみるのはいかがでしょう。

テレビ台をDIYで作ってみようと思うとき、テレビを載せる板材の板厚はどのくらい要るのか心配ですね。板厚が小さすぎればたわみますし、大きすぎても重くなり、一歩間違えば家庭内事故につながります。板厚についてまとめました。

板材のたわみ量

テレビは重量があるため、どのくらいたわみが生じるか、事前に知っておきたいですね。たわみは計算で求めることが可能です。

板に対し、どのくらいの重いテレビを載せるかはケースバイケースです。計算をシンプルにするため、典型例として20kgのテレビが板の中央に載ったとして、20kgが掛かるときの試算にします。なお、実際はテレビの重さが中央の一点に掛かることはありませんので、計算例は最悪値と思っていただければ良いです。

板材の材料として便利な、パイン集成材とスギ合板(ベニヤ板)、SPF材で、板材の幅と板厚を変数として、たわみを試算してみます。

パイン集成材

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の板厚 600mm 900mm 1200mm
12mm 1.6mm 5.8mm 14.1mm
18mm 0.5mm 1.7mm 4.3mm
24mm 0.2mm 0.7mm 1.9mm

板材が支持材に掛かる位置を支点とした場合、支点間の距離が広くなると、たわみに弱くなるため、板厚を大きくする必要があることを示しています。

奥行600mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行600mm 板材の支点間の距離
板材の板厚 600mm 900mm 1200mm
12mm 1.2mm 4.4mm 10.9mm
18mm 0.3mm 1.3mm 3.4mm
24mm 0.1mm 0.6mm 1.5mm

450mmの時とおおむね同じで、板材の幅を狭めるか、板厚を大きくするかのどちらかです。

スギ合板

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の板厚 600mm 900mm 1200mm
12mm 4mm 14.1mm 34.1mm
18mm 1.2mm 4.3mm 10.6mm
24mm 0.5mm 1.8mm 4.6mm

スギのベニヤ板はたわみ的に厳しいですね。載せたものが傾いてしまうため、板材の幅を狭め、板厚も大きくとる必要があります。

奥行600mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行600mm 板材の支点間の距離
板材の板厚 600mm 900mm 1200mm
12mm 3.1mm 10.8mm 26.4mm
18mm 0.9mm 3.3mm 8.3mm
24mm 0.4mm 1.4mm 3.7mm

450mmの時とおおむね同じで、まずは板材の幅は狭めに、板厚も大きく取ります。ベニヤは最大強度で比較すると、集成材にはかないませんので、重量が大きい用途では使えないかもしれません。

SPF材

SPF材は、ツーバイフォーやワンバイフォーなどのサイズが決まった規格モノです。規格値ごとにたわみが最大1mmになるところを限界点として、早見表にしました。

板材の支点間の距離
板厚×奥行 600mm 900mm 1200mm 1820mm
1×4 (19x89mm) 1.6 mm 5.6 mm 13.5 mm 47.9 mm
2×4 (38x89mm) 0.2 mm 0.7 mm 1.7 mm 6.2 mm
2×8 (38x184mm) 0.1 mm 0.3 mm 0.8 mm 3.2 mm

上記の表の応用として、横板の奥行を2倍にした場合、たわみ量は単純に2分の1になります。

まとめ

SPF材の2×4は、テレビ台として使うには力不足で、2×8を使うのが良いでしょう。更に広い横板が必要な場合、強度があるパイン集成材の厚いものを使うと良いです。板厚は24mm以上が安全です。

テキストのコピーはできません。