テレビ台をDIYで作りたい!配線はどこを通す?

NO IMAGE

液晶テレビを買い替えても、テレビ台は変えない人も多いのではないかと思います。ニトリや無印、IKEAで様々な新製品が選べますが、おしゃれさや収納力を重視すると、意外とコストがかかってしまうのが難点です。

一人暮らしの方や、夫婦二人だけの賃貸暮らしで、できるだけシンプルな暮らしを目指したい方は、自作してみるのはいかがでしょう。

DIYで作れば、作り付けの造作家具?と思わせるほどシンデレラフィットを実現することも可能ですが、テレビ台を壁にビタっと寄せたいときに困るのが、電源やビデオの配線ですね。配線は、どこを通すのが良いのでしょうか。

角を通すやり方

テレビを載せるローボードの角を斜めにカットし、ケーブルを通すやり方があります。

このやり方は、テレビを載せる丈夫な板材を、左右に設置した石材や踏み台などの上に載せる方式の時に使えます。角を斜めにカットするのは、自分でノコギリを使って行っても良いですし、ホームセンターのカットサービスを利用して、あらかじめ切って持ち帰っても構いません。

板材の角を切りますので、見栄えがやや気になります。おしゃれなテーブルのコーナーカバーや、安全クッションを取りつけると、角が欠けているところを隠すことができます。

板材に穴をあけるやり方

板材に、電源プラグやAVケーブルプラグが通せる大きさの穴をあけます。

とはいえ、きれいに丸穴をあけるにはホールソーという便利な電動工具が必要ですが、ホールソーをお持ちの家庭はあまりいらっしゃらないのではと思います。

ホールソーを持っていない方は、穴をあける代わりに、ノコギリを使って板の側面にくさび形(三角形)の切り欠きを入れます。

子どもの頃、折り紙用紙をきれいに折りたたんで、ハサミで三角形に切り込みを入れたことはありませんか。切り込み自体は同じ要領で、板に対してノコギリで二方向から切れ目を入れて、くさびの頂点で切れ目を合わせますと、板が切り取られます。

テキストのコピーはできません。