テレビ台のDIY、 コンクリートブロックで作る時のコツは?

NO IMAGE

液晶テレビを買い替えても、テレビ台は変えない人も多いのではないかと思います。ニトリや無印、IKEAで様々な新製品が選べますが、おしゃれさや収納力を重視すると、意外とコストがかかってしまうのが難点です。

一人暮らしの方や、夫婦二人だけの賃貸暮らしで、できるだけシンプルな暮らしを目指したい方は、自作してみるのはいかがでしょう。

ちょくちょく見かけるようになったのが、コンクリートブロックを土台に使った男前なテレビ台、これを実現する上でのブロックや板材選びの注意点をまとめました。

ブロックの選び方

コンクリートブロックは、ブロック塀にも使われるように頑丈さが評判です。立ててよし、寝かせてよしの安定した土台といえるでしょう。

頑丈さとしては申し分ないため、出来上がりのテレビ台をイメージしてホームセンターで選べば良いです。微妙な風合いの好き嫌いなどは、現物を見たほうが確実です。

コンクリートブロックを積むときは、お互いに固定しておくと、地震対策で望ましいです。しかし、ブロック塀のようにモルタルを流し込むわけにもいきません。また、モルタルで付けると引っ越しや買い替えで処分しようと思った時に困ります。

ある程度しっかりと固定でき、処分する時は取ることが可能な、接着剤を使うのが良いでしょう。コンクリ用の専用接着剤も売られていますが、家庭でよく使われる接着剤でも大丈夫です。

使える接着剤:肉盛りが可能なタイプ
スーパーX(シリコーン系)
溶剤タイプゴム系接着剤(セメダイン多用途、万能ボンド)
ボンドクイック5

使えない接着剤
木工用ボンド
アロンアルファ

木工ボンドは、ブロックのように多孔質で液体の吸い込みが多い材料は苦手です。アロンアルファも同じく染み込んでしまいます。

問題は、ブロックに載せる板材の方です。たわみが生じることを前提に、対策を講じる必要があります。

板材のたわみ量

テレビは重量があるため、どのくらいたわみが生じるか、事前に知っておきたいですね。たわみは計算で求めることが可能です。

板に対し、どのくらいの重いテレビを載せるかはケースバイケースです。計算をシンプルにするため、典型例として20kgのテレビが板の中央に載ったとして、20kgが掛かるときの試算にします。なお、実際はテレビの重さが中央の一点に掛かることはありませんので、計算例は最悪値と思っていただければ良いです。

板材の材料として便利な、パイン集成材とスギ合板(ベニヤ板)、SPF材で、板材の幅と厚みを変数として、たわみを試算してみます。

パイン集成材

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 1.6mm 5.8mm 14.1mm
18mm 0.5mm 1.7mm 4.3mm
24mm 0.2mm 0.7mm 1.9mm

板材がブロックに掛かる位置を支点とした場合、支点間の距離が広くなると、たわみに弱くなるため、板材を厚くする必要があることを示しています。

奥行600mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行600mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 1.2mm 4.4mm 10.9mm
18mm 0.3mm 1.3mm 3.4mm
24mm 0.1mm 0.6mm 1.5mm

450mmの時とおおむね同じで、板材の幅を狭めるか、厚みを厚くするかのどちらかです。

スギ合板

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 4mm 14.1mm 34.1mm
18mm 1.2mm 4.3mm 10.6mm
24mm 0.5mm 1.8mm 4.6mm

スギのベニヤ板はたわみ的に厳しいですね。載せたものが傾いてしまうため、板材の幅を狭め、厚みも大きくとる必要があります。

奥行600mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行600mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 3.1mm 10.8mm 26.4mm
18mm 0.9mm 3.3mm 8.3mm
24mm 0.4mm 1.4mm 3.7mm

450mmの時とおおむね同じで、まずは板材の幅は狭めに、厚みも大きく取ります。ベニヤは最大強度で比較すると、集成材にはかないませんので、重量が大きい用途では使えないかもしれません。

SPF材

SPF材は、ツーバイフォーやワンバイフォーなどのサイズが決まった規格モノです。規格値ごとにたわみが最大1mmになるところを限界点として、早見表にしました。

板材の支点間の距離
厚み×奥行 600mm 900mm 1200mm 1820mm
1×4 (19x89mm) 1.6 mm 5.6 mm 13.5 mm 47.9 mm
2×4 (38x89mm) 0.2 mm 0.7 mm 1.7 mm 6.2 mm
2×8 (38x184mm) 0.1 mm 0.3 mm 0.8 mm 3.2 mm

上記の表の応用として、横板の奥行を2倍にした場合、たわみ量は単純に2分の1になります。

まとめ

SPF材の2×4は、テレビ台として使うには力不足で、2×8を使うのが良いでしょう。更に広い横板が必要な場合、強度があるパイン集成材の厚いものを使うと良いです。厚みは24mm以上が安全です。

テキストのコピーはできません。