テレビ台をDIYで作りたい、一番安くあげる方法は?

NO IMAGE

回答:

カラボが一番安い。安くあげるため100均の部材を使おうにもテレビの重量に耐えられない。

解説

安くあげたい

液晶テレビを買い替えても、テレビ台は変えない人も多いのではないかと思います。ニトリや無印、IKEAで様々な新製品が選べますが、おしゃれさや収納力を重視すると、意外とコストがかかってしまうのが難点です。

一人暮らしの方や、夫婦二人だけの賃貸暮らしで、できるだけシンプルな暮らしを目指したい方は、自作してみるのはいかがでしょう。

もっとも安く上げるため、100均の商品が使えるとよいですが、実際はどうでしょうか。

100均の木製パレット

木製のパレットは押し入れに収納する布団を置く用途で売られています。様々なDIYに活用できるため、人気の商品です。

テレビは重量があるため、どのくらいたわみが生じるか、事前に知っておきたいですね。たわみは計算で求めることが可能です。

計算をシンプルにするため、典型例として20kgのテレビが板の中央に載ったとして、20kgが掛かるときの試算にします。なお、実際はテレビの重さが中央の一点に掛かることはありませんので、計算例は最悪値と思っていただければ良いです。

100均の木製パレットとして代表的な素材である桐(キリ)で、板材の幅と厚みを変数として、たわみを試算してみます。

桐(キリ)

すのこの奥行が450mmだとしても、各板材ごとに隙間があり、実際にテレビが載るのは奥行100mm幅の板×2枚=200mと仮定します。厚さは10mm、そして実際にはないかもしれませんが、厚さを増やした15、24mmも比較します。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行200mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
10mm 10.8mm 15.8mm 56mm
15mm 3.2mm 4.7mm 16.7mm
24mm 0.8mm 1.2mm 4.1mm

桐の板はやわらかいため、たわみ的に厳しいですね。載せたものが傾いてしまうため、板材の厚みを大きくとる必要があります。しかし、100均では厚みが大きいパレットは見つからないでしょう。

木製パレットでテレビの荷重に対し持たせるのは、少々きついようです。より曲がりにくい素材で補強する必要があります。そうであれば、最初から曲がりにくい板材を使って、テレビ台を自作するほうが良いですね。結局高くついてしまいます。

家具屋さんのカラボ

ホームセンターやファニチャーショップで手に入る、いわゆるカラボを使います。テレビ台の自作のやり方は、シンプルに言えば、ボックスの板面にテレビを置けばOKです。

カラボは、買ってきて自宅で組み立てるものが多くなってきています。組み立てるときに、背板は板材の溝に合わせてはめ込む方式が主流です。背板があると、テレビと周辺機器の間が仕切られてしまうため、そのままではケーブルが通りません。

もし、この背板を取ってしまったらどうでしょうか。なければ、ケーブルは自由に配置できます。

実は、背板を取ってしまっても、テレビを載せた時にすぐ倒れてしまうことはありません。というのも、カラボを構成する板材は、縦方向の圧縮にはよく耐える素材のためです。

カラボの素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)がほとんどです。軽く、断面も綺麗で、無負荷で長期間保管しても寸法変化が少ないという特長があります。

繊維板は、一枚板や集成材、合板と比べれば曲がりやすい素材です。しかし、板に対し縦方向に掛かる力については、問題ありません。

縦の板にある荷重をかけたときに、板が曲がるときの限界荷重は計算で求めることができます。板の高さを900mm、板厚を12mmとした時、

板の幅:450mm→1,930kg
板の幅:300mm→1,290kg
板の幅:150mm→640kg

となります。カラボを縦に使った前提では高さが900mmですが、横置きして高さが450mmになれば更に限界は高まります。うまく縦板の強さを活用するようにしましょう。

テキストのコピーはできません。