テレビ台を首振りできるよう回転したい、対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

テレビの下に固い木板を置き、キャスターをビスで固定する。木板にキャスターを両面テープで接着する場合は、接着ベースの重心位置と車輪の接地位置が一致したキャスターを選ぶ。

解説

テレビ台が回るには

一人暮らしを始める時の引っ越しや、結婚新生活、薄型テレビの買い替えなどで、テレビ台を手に入れて特に不自由なく使っていらっしゃる方は多いと思います。ところが、このテレビ台を何とか使い勝手良いしたい、と思う一つが首振りの有無。

液晶テレビが大型化し、テレビ本体に左右の角度を変える仕組みが付くことは少なくなりました。テレビ画面を動かせなければ、テレビ台が回ることで首振りして、見やすい角度にしたいと考えます。

既に持っているテレビ台を首振りにする、良い方法はあるのでしょうか。

キャスターをつけた木板を活用

テレビ台に手を加える前に、テレビ台に首振りの木板を載せることを考えます。手ごろな木板に、キャスターを付ければ動かすことが出来ます。

木板の四隅にキャスターを付ける場合、均等に重みがかかるので、選び方は単純です。

キャスターの仕様書に記載されている、キャスター一個あたりが耐える重さを、単純に4倍します。50daNなら、4倍して200daNになります。daNはデカニュートンという単位で、1daN=約1.02kgです。

4倍した数値は、静置する試験での許容値のため、動かすことを考えるともっと安全を見ます。キャスターメーカーは、おおむね0.7~0.8を掛けたキロ数を上限とするよう推奨しています。また、仕様よりやや重いものを載せても、瞬間的に壊れることはありません。

木板にキャスターを付け、テレビ台の上で車輪が動くようにできれば、首振り角度を調整できるようになります。が、キャスターの種類には気を付ける必要があります。

ネジ付け、または両面テープ

木板の四隅に、キャスターをネジ止めすれば、最も簡単で安定です。どんなキャスターでも、ねじ止めできればお好みのものを使って大丈夫です。

ただし、材料によってはビス止めが出来ない場合や、工具が無いのでビス止め以外の方法で施工したい場合もあることでしょう。

穴を開けない場合は、キャスターを両面テープで固定します。ただし、両面テープの場合はキャスターに荷重によっては剥がれて、テレビ台が傾いてします恐れがあります。

なぜなら、通常の方向自由なキャスターは、シャフト軸と車輪の接地位置がオフセットしていて、テレビ台の重みが掛かると車輪が倒れる方向へ力が掛かります。この力で両面テープは端から剥がれます。

車輪の接地部とキャスターのベース重心が一致した、ボールキャスターを使うようにしましょう。

テキストのコピーはできません。