テレビ台をDIYで作りたい、 すのこでも大丈夫?

NO IMAGE

気分一新と薄型テレビを新しくしても、テレビ台までは新しくしない人は普通ではないかと思います。新しいものを探すなら、無印、IKEAやニトリで色々な新製品が選べますが、収納力とおしゃれさの両方を満たそうとすると、意外とコストがかかってしまうのが難点です。

一人暮らしの方や、夫婦二人だけの賃貸暮らしで、できるだけシンプルな暮らしを目指したい方は、自作してみるのはいかがでしょう。

手に入りやすい人気の板材として、スノコがあります。板としては大きいのですが、テレビの重さに耐えられるのか心配です。板が薄すぎればたわみ、一歩間違えば家庭内事故につながります。

板材のたわみ量

テレビは重量があるため、どのくらいたわみが生じるか、事前に知っておきたいですね。たわみは計算で求めることが可能です。

板に対し、どのくらいの重いテレビを載せるかはケースバイケースです。計算をシンプルにするため、典型例として20kgのテレビが板の中央に載ったとして、20kgが掛かるときの試算にします。なお、実際はテレビの重さが中央の一点に掛かることはありませんので、計算例は最悪値と思っていただければ良いです。

100均のすのことして代表的な素材である桐(キリ)で、板材の幅と厚みを変数として、たわみを試算してみます。

桐(キリ)

すのこの奥行が450mmだとしても、各板材ごとに隙間があり、実際にテレビが載るのは奥行100mm幅の板×2枚=200mと仮定します。厚さは10mm、そして実際にはないかもしれませんが、厚さを増やした15、24mmも比較します。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行200mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
10mm 10.8mm 15.8mm 56mm
15mm 3.2mm 4.7mm 16.7mm
24mm 0.8mm 1.2mm 4.1mm

桐の板はやわらかいため、たわみ的に厳しいですね。載せたものが傾いてしまうため、板材の厚みを大きくとる必要があります。

スノコではないですが、代替案としてパイン集成材の計算を示します。

パイン集成材

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 1.6mm 5.8mm 14.1mm
18mm 0.5mm 1.7mm 4.3mm
24mm 0.2mm 0.7mm 1.9mm

板材が縦板に掛かる位置を支点とした場合、支点間の距離が広くなると、たわみに弱くなるため、板材を厚くする必要があることを示しています。

まとめ

スノコでテレビの荷重に対し持たせるのは、少々きついようです。より曲がりにくい素材で補強する必要があります。そうであれば、最初から曲がりにくい板材を使って、テレビ台を自作するほうが良いですね。

テキストのコピーはできません。