テレビ台の高さを上げるには?高さ調整のやり方

NO IMAGE

回答:

スペーサになるブロック等を挟むのが良いが、崩壊が怖い場合は、木材を床との間に挟んで隅金で固定する

解説

液晶テレビを買い替えても、テレビ台は変えない人も多いのではないかと思います。ソファを変えたり、テレビのインチが大きくなったりすると、テレビ台がなんだか高いなあ、と思うことも出てきます。

ニトリや無印、IKEAで様々な新製品が選べますが、おしゃれさや収納力を重視すると、意外とコストがかかってしまうのが難点です。

また逆に、一人暮らしの方や、夫婦二人だけの賃貸暮らしで、暮らしに合わせてテレビ台を高くしたい場合が出てきますね。高くするにはどうすれば良いのでしょうか。

高さはスペーサで変える

市販のテレビ台を使っている場合、脚を高くしないと全体が高くなりません。

この場合、脚と床の間にレンガやブロックを差し込みましょう。テレビ台とテレビは合わせると結構な重量ですが、石材は耐荷重に優れ、ブロックの個数を変えれば高さ調整も余裕です。

ブロックを積むときは、お互いに固定しておくと、地震対策で望ましいです。しかし、モルタルでしっかりと付けてしまうと、引っ越しや買い替えで処分しようと思った時に困ります。

ある程度しっかりと固定でき、処分する時は取ることが可能な、接着剤を使うのが良いでしょう。コンクリやレンガ用の専用接着剤も売られていますが、家庭でよく使われる接着剤でも大丈夫です。

使える接着剤
スーパーX(シリコーン系)
溶剤タイプゴム系接着剤(セメダイン多用途、万能ボンド)
ボンドクイック5

使えない接着剤
木工用ボンド
アロンアルファ

木工ボンドは、レンガのように多孔質で液体の吸い込みが多い材料は苦手です。アロンアルファも同じく染み込んでしまいます。

ブロックは崩壊が怖い

ブロックにテレビ台を載せただけだと、大きな地震のときに崩壊する恐れがあります。崩壊しにくくするかさ上げは、もうひと手間かけてあげるとできます。

かさ上げしたい厚みの角材を準備します。断面の縦横は、縦が横より小さくすると安定します。

角材にテレビ台を載せて、元の脚の両側、または互いに90度の位置に金折隅金を配置し、角材にビスで固定します。

元の脚に直接ビスを打たなくても、角材に固定した隅金で挟んで動きを制約するだけで、安定感が増しますよ。

テキストのコピーはできません。