ウォリストの説明書、使用時の注意点

ウォリストの説明書、使用時の注意点

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品「ウォリスト(walist)」について、機能や特長を説明書を基に解説します。

ウォリストの特長

木材を設置場所の高さよりマイナス60mmでカットし、取り付けたい天井に仮で設置したら、しっかりと天井を突っ張るまで調整して柱の完成です。

天井、床、壁に釘を打てない住宅を傷つけることなく、収納や柱を設置できる手軽さが売りです。

設置場所の注意点

設置場所の床面や天井(補強部分等)のしっかりした場所に設置すること

床、天井は必ず水平なところに設置すること、傾斜しているところには設置しない

床面に水平には取り付けはできないこと、が挙げられています。

壁際などしっかりと強度がある場所に設置しましょう。

本製品の推奨しない使い方

地震対策での使用、屋内専用のためそれ以外の環境で使用しないこと、が記載されています。

ウォリストは、2×4材を2本、3本と束ねて建てることが可能です。木材下面の接地面積が増えますので、積載物に対しても安定しやすくなります。

デジタル家電やAV機器の施工は非推奨です。技術革新で、デジタル家電はどんどん薄く軽くなり、荷重の負担は減っていますので、注意深く偏らないよう施工してみてください。

テキストのコピーはできません。