キッチンに壁面収納を作りたい

NO IMAGE

キッチンには、普段使いのグッズをたくさん置いていると思います。手の届くところ、見えるところにあると、料理もはかどります。

ですが、火を使ったり、水回りが近かったりするため、意外とものを置けるところは多くないのが悩みどころです。

こんなときには、壁面収納で高さ方向にうまく収めてみませんか。便利なグッズで壁面収納を作る方法を説明します。

フックで吊る

キッチンの台上にスペースがなければ、吊るせるものは壁から吊りましょう。

すでにS字フックや吸盤フックを使いこなしている方は多いと思います。フック自体を取り付ける空いたエリアが少なく、置ききれないという場合もあります。

吊るスペースを増やすには、KINOBOが便利です。

これまで100均のグッズでは実現できなかった、水平設置で強度が必要な用途や、壁に固定する重量レベルのフック掛けに使えます。

調理器具を引っ掛けるため、フック金物を取り付けるための丸棒を準備し、この棒を、縦に取り付ける突っ張り棒で保持することにします。

材料をカットし、バネと丸棒のエンドパーツを取り付ければ出来上がりです。

二本の突っ張り棒に、丸棒を受けるフックを取り付け、また丸棒を下から支えるサポート棒を準備します。丸棒をのこぎりで切るだけの簡単な作業で組み合わせ、出来上がりです。

重たいフライパンは、吸盤型のフックでは安定せず、掛けられなかったのですが、床面から建てたつっかい棒があるため、フライパンや鍋類も吊って壁面収納にすることができます。

奥行きのない棚をつける

調味料やジャムの瓶、保存食のおしゃれな瓶など、気に入った調味料を手の届くとこに並べて、気持ちよくキッチンに立ちたいですね。

たくさんの瓶を高さ方向に並べるため、キッチンの台上をあまり占有せずに、棚をつける方法があります。機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」を使うと簡単です。

ディアウォールは、2×4材を使って簡単に柱を立てることができるグッズです。2×4材ですので、奥行きは10センチもありません。

二本の2×4材の柱に、専用の棚受けを使えば、高さ方向に複数の棚をつけることができます。

キッチン台の上は、柱の土台が置かれるだけでほとんど場所をとりませんので、食材や調理道具を広げるのにも困りません。

テキストのコピーはできません。