キッチン棚で使える板は荷重に耐える?必要厚みはいくつ?

NO IMAGE

回答:
食器棚なら38mm以上、調味料棚なら1×4材(19mm)以上の厚さが目安。

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」「ラブリコ(labrico)」が人気です。

ディアウォールなどを使い、キッチンにオンリーワンの収納を作りたい方は多いと思います。載せる板はどのくらいの厚みを選んでいますか。例えば電子レンジクラスを載せようとした場合、かかる力に合っていますか。

載せる板のたわみ量は、木材の特性値と板の固定構造(支点と荷重位置)で構造計算から求まります。キッチン用に食器棚など自作するときの事例と、必要な板の厚みを計算し、一覧にしました。

食器棚の場合

食器は、陶器やガラスの場合一つ当たりはそこそこの荷重がありますが、かさばるため大量に並べることは少ないと思います。皿立てを使ったとしても10kg程度と想定します。電子レンジもおおむねこの辺りでしょう。

板に載せる荷重を10kgとし、板の中間にすべての荷重が掛かったと計算上は仮定し、たわみが最大1mmになるところを限界点として、早見表にしました。

単位はmm、赤い背景は使用不可のところです。

板厚 横幅600mm 横幅900mm 横幅1200mm 横幅1820mm
SPF 1×4 (19x89mm) 0.8 2.8 6.9 24.9
2×4 (38x89mm) 0.1 0.3 0.9 3.3
2×8 (38x184mm) 0 0.1 0.4 1.8

上記の表の応用として、板の奥行を2倍にした場合、たわみ量は単純に2分の1になります。

900mmで幅で板の両端を固定する場合、10kgの荷重に対し2×4材程度、つまり19mm以上の厚みがあれば、たわみは気にならない程度に抑えられます。

1,200mmの横幅の板でも強度的に使えますが、1×4材では難しいです。

調味料棚の場合

調味料やジャムの瓶、保存食のおしゃれな瓶など、それぞれは軽いものですがたくさん並ぶ可能性もあり、5kg程度と想定します。

板にかかる荷重を5kgとし、板の中間にすべての荷重が掛かったと計算上は仮定し、たわみが最大1mmになるところを限界点として、早見表にしました。

単位はmm、赤い背景は使用不可のところです。

板厚 横幅600mm 横幅900mm 横幅1200mm 横幅1820mm
SPF 1×4 (19x89mm) 0.4 1.5 3.6 13.3
2×4 (38x89mm) 0 0.2 0.5 1.9
2×8 (38x184mm) 0 0.1 0.2 1.1

上記の表の応用として、板の奥行を2倍にした場合、たわみ量は単純に2分の1になります。

1×4材で調味料を載せる板を作るのはやや不安がありますが、合計の荷重が5kgもいかないでしょうし、実際は均等に荷重をかけるので、実用上は問題ない可能性があります。

900mm以上の横幅の板の両端を固定する場合、5kgの荷重に対し余裕を持つには、2×4材のほうが良いでしょう。

テキストのコピーはできません。