液晶テレビの重みに耐えられる棚板の厚みはいくつ?

液晶テレビの重みに耐えられる棚板の厚みはいくつ?

回答:

テレビ台の棚板なら25mm以上で幅300mmが目安、2×4では少し厳しい

解説

ディアウォールやラブリコを使って、液晶テレビを壁面にぴったりと収める収納を作っている方、

棚板に薄型テレビを載せたい場合、荷重に合った厚みの板を選んでいますか。

ディスプレイサイズは大型化し、55インチクラスなら合計で20kg以上、65インチクラスなら本体のみで25kg程度に達しています。

テレビを下から支えるスタンド込みなら更に増えるでしょう。

こんな重量のあるものを棚板に載せる場合、先にたわみがどのくらいになりそうか、知っておけると良いですね。

板や棒のたわみは、木材の特性値と板の固定構造(支点と荷重位置)で構造計算から求まります。

液晶テレビ用に台や収納を自作するときの、必要な棚板の厚みを計算し、一覧にしました。

テレビ台の場合

計算の前提として、実際の使い方よりも余裕をもたせた設定にしておきましょう。

述べたようにテレビは重量物で、もし落ちてしまったときに赤ちゃんやペットがケガをするかと思うと、慎重にならざるを得ません。

そこで、板に載せる重量を20kg(50インチから60インチ程度)とし、板の中間にすべての重さが掛かった、と計算上は仮定します。

  板厚 横幅600 mm 横幅 900mm 横幅 1,200 mm 横幅 1,820mm
SPF 1×4 (19x89mm) 1.6 mm 5.6 mm 13.5 mm 47.9 mm
2×4 (38x89mm) 0.2 mm 0.7 mm 1.7 mm 6.2 mm
2×8 (38x184mm) 0.1 mm 0.3 mm 0.8 mm 3.2 mm

どのくらいたわむと危ないか、というのは一概に言えないのですが、1mmを超えてくるとヒトの目でも違和感がわかります。

上の表は机上の計算で、荷重がかたよった事例ですので、1mmぐらいを目安にしておけば、実際には安心できます。

上記の表の応用として、横板の奥行を2倍にした場合、たわみ量は単純に2分の1になります。

どの厚みがおすすめか

SPF材の2×4は、テレビ台として使うには力不足で、2×8を使うのが良いでしょう。

更に広い棚板が必要な場合、強度があるパイン集成材の厚いものを使うと良いです。

また、ランバーコア材という棚板素材もホームセンターで目にすると思います。

合板の強度データ仕様はほとんど公開されていないので、計算では強度がわかりません。

ランバーコアは小型の角材の張り合わせで板になっています。

重いものを載せたら取れてしまわないか、とテレビの棚板に使うのはやや不安があります。

なお、スギ合板など元の木目の美しさを生かした合板は、木目の向きによってはたわみやすいので使うときには注意が必要です。

実用上の安全率をかけると、液晶テレビの両側の空間はできるだけ詰め、テレビの両側面に近いところに柱を持ってこないと、棚板のたわみに対して安心できなそうです。

テキストのコピーはできません。