木工用ボンドが乾く時間はいくら必要?

木工用ボンドが乾く時間はいくら必要?

回答:

乾燥時間は最低12時間以上。24時間が安全。24時間後に剥離を試みた実績のデータも参照。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工用ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入るので、あまり選んで購入することもないかもしれませんが使い方を誤ると性能を発揮できません。例えば、塗布後の硬化時間は気になるところです。

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。元々水と混合してあるもので、塗布後は一定の乾燥時間を経た後に、水分が減少して透明になり酢酸ビニル同士の引力により接着力が出ます。

それでは、その透明になる時間はどのくらいが適当でしょうか。

固まる時間に関する説明

メーカーのカタログによれば、使い方は

はり合わせて、圧締具(万力やバイス、仮釘)で2~3時間/20℃で固定し、12時間以上/20℃静置させること

となっています。

ボンドに含まれた水分の蒸発や木部への染み込みで硬化しますので、気温や湿度、木材の乾燥状態に、圧着時間は左右されます。

参考までに、東京の中高一貫校生徒が実験で、同じ条件で接着して実際に一定時間後に剥離試験をした結果があります。ここから、約半日で固まるとわかります。

接着剤の強度比較
https://www.tsukuba.ac.jp/community/kagakunome/pdf/08jyusyou_pdf/chu_8.pdf

時間が惜しい、速乾タイプは

12時間も待っていられない、という思いをいだいたでしょうか。忙しい方は、少しでも作業時間を縮められる、速乾タイプを使うと良いでしょう。

速乾タイプは、定番のボンド(コニシ社)の他にも、セメダイン社も販売しています。乾燥時間が半分、というのが速乾タイプの売りですが、実は、最終的に接着が終わるまで12時間かかるのは変わりません。

ですが、木工作業をする上では、木部の組立や切削に耐える程度に接着してくれれば良いので、最初に実用強度に達するまでの時間が違う、という説明になっています。

普通の木工用ボンドが、加工できるまで待つ時間が3~4時間のところ、速乾タイプでは1~2時間です。どうして乾燥時間が短くなったのか、それは主成分と水とが混ざっているので、相対的に水の分量を減らしてあるためです。

速乾タイプも、普通のタイプと同じく100均でも売られています。乾く時間が違うほかには大差はないので、常に速乾タイプをを使っても大丈夫です。

テキストのコピーはできません。