アロンアルファが乾かない!瞬間接着剤のはずなのに?

アロンアルファが乾かない!瞬間接着剤のはずなのに?

回答:

アロンアルファを大量に塗布しない、薄く塗布する。多すぎると大気中の湿気と触れない部分ができ、反応が完結せず乾かない。

解説

瞬間接着剤の解説

おしゃれなインテリアのDIYで、瞬間接着剤にお世話になることは多いです。

100均の収納容器や突っ張り棒などのプラスチック製品や、壁付け収納のためのマグネットなどを、オリジナルのイメージで組み合わせる場面に最適です。アクセサリーの制作、おもちゃの修理、バッグのかわいいデコなどにも活躍します。

アロンアルファが有名で、100均でも手に入るので気軽に使いますが、いつも通りに塗っても乾かないときがあります。

基本的な瞬間接着剤の材料は、瞬間接着剤の代名詞となったアロンアルフアをはじめ、一般的にはシアノアクリレート樹脂がほとんどです。この材料に特徴的なコツがあるのでしょうか。

瞬間接着剤は湿気と反応する

瞬間接着剤に含まれるシアノアクリレート樹脂は、容器の中では液状ですが、容器から空気中に押し出すと、大気中の湿気を使って急速に接着反応を開始します。

シアノアクリレート樹脂同士が、互いに手をつなぐように反応して、固体状になり接着します。しかし、湿気が接着剤の量に比べて少ないと、乾かないことが起こります。

湿気と接着剤の量のバランスが崩れるのは、接着剤を大量に厚く塗った時です。空気や接着物と触れているところは湿気をもらって反応が進みますが、接着剤の液体の内部は反応が終わりません。

その結果、ちょっと接着物を動かしただけで、未反応の部分は粘度が低く緩いので取れる羽目になります。

アロンアルファは、接着面に少量を点々と塗布して、接着物同士て押し伸ばして薄く接着しましょう。

テキストのコピーはできません。