アロンアルファの蓋が開かない!対処法と失敗しない開け方は?

アロンアルファの蓋が開かない!対処法と失敗しない開け方は?

回答:

アロンアルファの蓋が開かないときの開け方は、固着部が横向き(回転方向)の急な力には弱いので、100均でも手に入るラジオペンチでキャップと胴体を別々に挟んで、一気に力をかけて回す

解説

瞬間接着剤のキャップが開かない

おしゃれなインテリアのDIYで、瞬間接着剤にお世話になることは多いです。

100均の収納容器や突っ張り棒などのプラスチック製品や、壁付け収納のためのマグネットなどを、オリジナルのイメージで組み合わせる場面に最適です。アクセサリーの制作、おもちゃの修理、バッグのかわいいデコなどにも活躍します。

アロンアルファが有名で、100均でも手に入るので気軽に使ってしまいますが、しばらく使わずにいると、接着剤の蓋が開かない問題が起こります。

なぜ固まるのでしょう。指の力では蓋があかない場合、どうするのがオススメなのでしょうか。

瞬間接着剤は使わなくても反応する

瞬間接着剤に含まれるシアノアクリレート樹脂は、容器の中では液状ですが、容器から空気中に押し出すと急速に接着反応を開始します。

シアノアクリレート樹脂同士が、互いに手をつなぐように反応して、固体状になり接着します。大気中に湿気を使って急速に反応が進みますが、湿気に触れないように封をしていても、中身の樹脂同士は徐々に反応して粘度が上がります。

ですので、キャップに残ったアロンアルファは、容器との間で固まり取れない、というわけです。

瞬間接着剤は、実は衝撃に弱いです。蓋を回す横向きの衝撃にを与えると、力任せに回せば接着部が壊れてくれます。

力任せに回すため、力を入れてつかめる工具を使うと良いでしょう。ペンチ、ラジオペンチ、プライヤーなど、挟むのが得意な工具がいくつかありますが、100均でも手にはいるラジオペンチかペンチが使いやすいです。

蓋と容器の両方を強く抑えないといけないので、容器は膝で挟むか、足裏や膝の下に体重をかけて固定し、蓋側をラジオペンチで力任せに回すと良いでしょう。

または、ラジオペンチを2本使って、接着剤の胴体と蓋をそれぞれ握ってもかまいません。

テキストのコピーはできません。