カラーボックスに下開きの扉を付けたい!失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
サポートヒンジを取り付けて、扉の開放角度を制限すると安全。

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの整理であっても、カラーボックスをうまく利用して暮らしを豊かにしようと考えている方が増えています。

収納の達人は、ニトリや無印、IKEAのカラーボックスを組み合わせて、おしゃれな収納を作ったり、部屋の間仕切りや目隠しにするなどして、様々な作品がSNSで人気です。

カラーボックスは、そのままでは中身が丸見えですので、扉をつけて隠したいという方もいると思います。キッチンで使っているオーブンのように、下へ開けるとおしゃれに感じますが、扉の固定はどうすれば良いのでしょうか。

下開きはサポートヒンジが必要

カラーボックスの正面に、平型の蝶番で扉を付けた場合です。

まず、扉の開口部と同じ寸法の扉を用意します。扉側に平型の丁番を、左右二ヶ所、あるいは左中右の三ヶ所にネジで取り付けます。その後、カラーボックスに丁番のもう片側を取り付けます。ボックスの下面に取り付けるか、カラーボックスの端面に取り付ける方法があります。

平型の蝶番だけでは、扉を開けたときにバタンと勢いよく完全に倒れてしまいます。そこで、サポートヒンジを追加で取り付けます。

サポートヒンジとは、扉が最大に開く位置をあらかじめ決めておき、ヒンジがまっすぐになるまで可動できる金具です。

扉にカラーボックスの内容物が載って、重量がかかったとしても、サポートヒンジがあれば倒れることはなく、安心です。

専用ヒンジを使う方法

平型の丁番を使うと、金具の一部が正面から見えてしまうため、スライドヒンジを使う方法があります。キッチン戸棚や洗面所の戸棚などは、このスライドヒンジが使われることが多いです。

扉を開けるときに丁番の一部が前に移動し、扉がカラーボックスにぶつからない位置までずれるので、開けるときもスムーズで閉めた後は正面から見えませんん。また、スライドヒンジは扉の縁がヒンジ金具に当たるところまでしか開かないため、扉が一定の位置で止まります。

スライドヒンジは、扉側に取り付けるときには、取り付け部の扉の材料にザグリを入れる必要があります。100均の工具等ではできませんので、購入前に注意が必要です。

テキストのコピーはできません。