カラーボックスで小上がりを作りたい、強度は大丈夫?

カラーボックスで小上がりを作りたい、強度は大丈夫?

洋間だけの部屋に住んでいても、あったら便利なのが小上がりです。

小上がりというと、畳をまず想像する方も多いと思います。畳の上に寝転がったり、正座したり、こたつを置いたり、いろいろ使い方が考えられます。

また、子供が増えてダイニングで一緒に食事をするスペースが少なくなったとき。

小上がりでちゃぶ台を囲む方式に変えれば、人数の問題は解決します。幼いお子様にとっても、テーブルの高さが低くなり、使いやすくなります。

ところが、洋間だけの賃貸に暮らしていたり、持ち家でも板間だけにしている方にとっては、小上がりが欲しくても部屋の改造は簡単ではありません。

ところが、市販のカラーボックスを流用して作る方法で、簡単にできます。

簡単な方法

おなじみのカラーボックスを準備します。

開口部を下に向けて寝かせたカラーボックスをいくつか並べて配置し、その上に下地としてベニヤ合板を敷きます。すのこでも構いません。

そこに、い草カーペットや畳を敷けば、もう小上がりの完成です。

思ったより簡単ですね。

カラーボックスには強度がある

なぜこんなレベルの自作でよいのか。それは、カラーボックスの板が意外と強度があるためです。

カラーボックスは、買ってきて自宅で組み立てるものが多くなってきています。ですので、持ち帰ることが可能な軽い木板が使われていますが、素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)がほとんどです。

繊維板は、一枚板や集成材、合板と比べれば曲がりやすい素材です。横からものをぶつけて、表面がへこんだ経験のある方もいるかもしれません。

しかし、板に対し縦方向に掛かる力については、まったく問題がありません。

どのくらい強いのか

縦の板にある荷重をかけたときに、板が曲がるときの限界荷重は計算で求めることができます。

小上がりではほとんどあり得ないと思いますが、カラーボックスを普通に立てて使い、その時の板の高さを900mm、板厚を12mmとした時、

板の幅:450mm→1,930kg
板の幅:300mm→1,290kg
板の幅:150mm→640kg

という、人の体重じゃどうにもならない強度なのです。

小上がりでは、カラーボックスを横向きにして使います。

ならば高さが450mmとなり、更に曲がりに強くなります。畳を載せて、大人が数人載っても強度は問題ありません。

動かないように対策

カラーボックスとベニヤ合板の間、ベニヤと畳の間は比較的つるつるしているので、置いただけでは互いに固定されません。

すると、小上がりに乗ったり下りたりするときの動きで、板が滑ってしまいます。

接する面をすべてビスで固定すると一番確実ですが、そこまでしたくないときは、滑り止めのゴムなどを挟みましょう。

また、カラーボックスの背板を抜いた箱は、地震がくると水平にゆれて平行四辺形に変形する恐れがあります。

そのとき、組み合わせているところが木のダボで単にはめてあるだけか、木ねじでしっかりと締結するかの違いはあれど、力が集中してしまいます。

望ましくは、カラーボックスの木枠には隅金をつけて、変形しにくいように補強しておきましょう。

テキストのコピーはできません。