木工用ボンドの接着強度は何キロ?超強力な種類は?

NO IMAGE

回答:

1mm角の塗布で1キロ、1cm角の塗布で100キロは持つ基本性能がある。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工用ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入るので、あまり選んで購入することもないかもしれませんが、そもそも木工の目的で十分な接着強度があると思っていいのでしょうか。

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。製品パッケージやカタログには強度が記載されていません。

木工用ボンドの接着強度

メーカーは接着強度を、決まった規格に則って測定しています。その値が

≧10N/mm2

1平方ミリあたり10ニュートン以上の引張せん断強度があります。

引張せん断という試験は、例えば二枚の板を木工用ボンドで接着し、板を互いに逆方向に引っ張ります。本屋の本棚にきれいに並んだ本の中から、一冊を引っ張り出すような感じです。

ニュートンという単位は、1キロが9.8ニュートンとして換算できますので、1mm角の塗布で1キロ、1cm角の塗布で100キロとなります。正しく使って、接着力が発揮されるまで静置すれば、超強力です。

他の接着剤の例

イメージがわかないかもしれませんので、他の接着剤の値も見てみましょう。

アロンアルファは、瞬間接着剤として有名です。金属やプラスチック同士を接着するのが得意ですが、この接着剤の接着強度が、

≧7N/mm2

木工用ボンドよりやや低い値です。

どちらも使った経験があると、どのくらいの強さか感覚的にわかるかもしれませんね。

他のテープの例

接着剤ではないですが、マジックテープの値も見てみましょう。

マジックテープは、互いに剥がす方向に弱い反面、長さ方向の引っ張りに強い特長があります。マジックテープの接着強度が、

≧6.3N/cm2

1cm角あたりで約0.85キロです。同じ面積で考えたら、木工用ボンドの方が約120倍強いということですね。

テキストのコピーはできません。