ディアウォールの柱の長さが足りない、対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

床側に短い2×4材を横たえて、その上に2×4を載せてディアウォールで突っ張る。2×4同士を棚受けで接合すると一番良い。

天井まで届かない

天井高が高く、買ってきた2×4材が短かったため、ディアウォールで突っ張れないことがあります。一方、ちゃんと計算したはずなのに、短く切りすぎた!と後悔することも。2×4同士を同軸に繋いて長くする、ジョイント部品も売られていますが、それは使わずにかさ上げする方法があります。

床側に2×4材の端材を横たえて、その上に2×4を載せます。2×4材の短尺方向分、つまり38mm分をかさ上げすることができます。

横たえた2×4材がそのままフローリング床に乗っていると、何かをぶつけたときに滑ってしまいます。それを防ぐには、

粘着性の防振ゴムを敷く

2×4同士を棚受け金具で接合する

特に二番目の、2×4同士をL字で繋げば強度が増します。繋いでいないと、どうしても床と2×4材の間にかさ上げ板が挟まった状態になり、2×4材もかさ上げ板も動けるため不安定になります。

2×4材の広い面を壁に向けて柱を立てる場合でも、床に横たえる2×4材の長辺側を使って89mmかさ上げすることはやめましょう。床面との接触面積が少ないことから、不安定で崩れやすくなります。

反対に長い場合

少々長くても、もともとディアウォールのつっぱりはやや弱めなので、その長さで試すとちょうどよい強さになる可能性があります。

テキストのコピーはできません。