セイタカアワダチソウはどう見分ける?生やしておいても大丈夫?

セイタカアワダチソウはどう見分ける?生やしておいても大丈夫?

8月、9月10月ごろに、庭や家庭菜園、畑に生えている雑草の一つに、セイタカアワダチソウがあります。

セイタカアワダチソウをどう見分けるか、そのまま生やしておいてもよいのか、庭の雑草と家庭菜園や畑の雑草の違いで説明します。

セイタカアワダチソウの見分け方

セイタカアワダチソウは、背が高い、まっすぐ伸びる、細長い葉っぱ、という特徴があります。

生長すると人の背丈を超すぐらい大きくなり、花期には穂がついてたくさんの黄色い花を咲かせます。

空き地に群生することが多いです。草丈が大きいため、地面近くは太陽がさえぎられてしまい、他の雑草は生えにくいです。

セイタカアワダチソウと似た雑草に、ブタクサやオオアワダチソウがあります。

セイタカアワダチソウの対処方法

セイタカアワダチソウは、茎から他の植物が生えるのを抑制する物質を出す、アレロパシーという作用があります。

庭のセイタカアワダチソウの対処法

庭に生えると草丈が大きく目立ちますので、手でつかんで抜きましょう。

地下茎で増える雑草ですが、手で引き抜くと簡単に抜くことができます、

家庭菜園や畑のセイタカアワダチソウの対処法

家庭菜園や畑の土に生えるセイタカアワダチソウは、酸度がアルカリ性の土に生えてきます。アルカリ性の土は、だいたいの作物も好みます。

アレロパシーにより作物の成長を阻害したり、地下茎があるので作物の根が張るエリアを奪ったり、畑では生やしておいて良いことはありません。

見つけたときに、手でつかんで根っこから引き抜きましょう。

畑の周囲に生えていて駆除したいとき、根っこから抜かずに、あえて根っこを切るように刈り取ると、抑制物質の作用が自分自身に向いて、だんだん生えにくくなります。

テキストのコピーはできません。