ディアウォールで弱い天井が抜けた!ラブリコでも石膏ボードが浮く!突っ張り棒の注意点は?

ディアウォールで弱い天井が抜けた!ラブリコでも石膏ボードが浮く!突っ張り棒の注意点は?

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない!

という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」「ラブリコ(labrico)」が口コミで広まっています。アイデア次第でおしゃれなインテリアを作れる、優れモノです。

ですが、設置する部屋の環境は人によってさまざまですので、どこに柱を立てても大丈夫、というわけではありません。説明書通りに突っ張ったら天井が抜ける、というトラブルが実際にあります。

そこまでひどくなく、天井板が浮くレベルの小トラブルで済んでも、心理的には大ダメージです。

そこで、不幸にもトラブルを起こしてしまった方には次回うまくやるために、これから始める方には天井の石膏ボードが浮いた!とならないために、力を支えられる下地の見つけ方を説明していきます。

この記事を書いた人
kumata
DIYのFAQ集 編集人

下地とは

下地って何でしょう。

よく使う場面は、化粧の下地でしょうか。同じ概念で、住居の塗装や自動車の塗装でも下地塗りなどと言いますね。

つまり「表からは隠れて見えないけど、下に広く層が存在する」ことで大事な機能を持つということですね。

一方で、アパート・マンションなど建築物における下地とは、表から見えない

・天井を支えているコンクリート製や金属製、木製の梁

・建物の枠組みとなっている柱や梁

のことです。

冒頭に述べた下地の概念は、広く一様に存在するけど副次的なものでしたが、建築物の場合の下地は、

・ところどころにしか存在しない

・下地が、建物の構造や強度をほとんど決めている

という違いがあります。

突っ張る上での注意点

突っ張るからには支えてくれる相手が必要で、それが下地ということになります。

例えば、ディアウォールはばねの力で天井を10kg以上の力で突っ張ります。ラブリコはネジ式なので、更に大きな力が発生します。

ですので、天井側に強く支える下地がないと強く突っ張れません。

天井の下地位置はさまざま

もし、ディアウォールで柱を立てようとする位置が、ワンルームで下のような感じだったとしましょう。

奥には外への出口があり、両側は壁です。左側の天井には梁と思われるでっぱりがあります。

よくある天井の構造を透視してみましょう。

太い梁に対し直角に渡した小梁(こばり※)があり、天井裏に電灯配線を引き回してある、といった施工になります(※正確には、野縁という名称です)。壁の裏には間柱があり壁板を打ち付けてありますが、図は省略します。

下地は太いほど、強度があります。この部屋では、わかりやすい左側の太い梁の部分に柱を立てれば、天井が抜ける心配はしなくてもよさそうです。

逆に、右側の壁は梁がなく、どこを突っ張るべきでしょうか。太い梁はなくても、太い梁と接合された小梁はありますので、小梁に対して突っ張るべきです。天井に張り巡らされた小梁のところ以外を突っ張ると、主な力が天井仕上げの石膏ボードにかかり、耐えられず割れて抜けてしまう恐れがあります。

なお、梁の位置や間隔は一例であり、きちんとした方法で下地を探し当てて柱を立てることで、突っ張ったときの失敗を未然に防ぐことができます。

下地の探し方

まず、道具がいらない簡単な方法からです。

天井の石膏ボードを、人差し指や中指の第二関節でトントンと叩いて、違う場所ごとの音を聞き比べましょう。

木材の下地があるところは叩いた時の音が響かず、やや低い音になります。

他方、下地がないところは、石膏ボードの裏側の屋根裏空間に音が響くので、高い音になります。

ボード裏の下地を探す工具

アパート、マンション住まいの場合、隣や階上の住民に気兼ねして、音を出して下地を探すのはできないこともあります。

そんな場合は、ホームセンターで入手できる、石膏ボードの下地探し針を使うとよいでしょう。

この工具は、先端に細い針が付いています。石膏ボードにこの針を刺し、そこに下地が無ければ貫通して最後まで抵抗なく突き抜けます。下地がある場所は針が下地の柱に突き当たるため、そこから先に進入しません。この違いで、下地の位置が判断できます。

針で壁に穴を開けて大丈夫?と思いますよね。とても細い針を使っている上、普通は石膏ボードには仕上げの壁紙が貼ってありますので、針を刺した後の穴はわかりません。簡単な仕組みですが、効果は絶大ですのでオススメします。

石膏ボードに少しでも針穴を開けるのは、賃貸だから避けたいな、とお考えの方は、非接触で下地を調べる電子式の下地センサーを使いましょう。

壁・天井の表面でセンサーを上下左右に滑らせると、下地があるところではLEDが点灯するので、点灯する範囲をマーキングして下地を特定します。

このセンサーは静電容量式という電子回路タイプで、測り初めの場所を基準として、違いがある場所を教えてくれます。ですので、測り初めの場所に運よく下地がいた場合、やり直す必要があるなど使い方に少しコツがいりますが、仕組みを知らなくてもどなたでも扱えます。

更には天井に限らず、単に突っ張り棒を壁に取り付けたいときでも、下地の場所が分かるとしっかりと固定できますので、ぜひ持っておきたい道具です。

天井まで手が届かない場合は

天井に手が届かないと、指も、針も、センサーも使えませんので、下地探しは難しくなります。それでも、やみくもに柱を立てるのはおすすめしません。

例えば、ディアウォールで推奨されている壁際の上部には梁があるのが普通ですが、天井側にどのくらい張り出しているかわかりません。

張り出しがなければ、ディアウォールやラブリコで突っ張ったときに天井板がたわんでしまう可能性があります。

こんな時は、天井に届く長い硬い棒で、天井を叩いてみましょう。先に述べた、指の関節でトントン...と叩くのと同じく、音で判断します。

木でも、金属でも、プラスチックでも、固ければ良いです。ちなみに、突っ張り棒はゴムが両端についているので音がうまく出ません。あるいは、硬い棒がなければプラスチックハンガーの角などでも代用できます。

まとめ

ディアウォールで柱を立てる時は特に、天井から遠いところで作業をしがちです。そのため、天井がぐらぐらしても遠目にはわかりにくいという問題があります。

支えの限界を超えて急に天井板が浮いたら、原状回復をするのは大変です。仮に一度目は失敗しても、二度目は安全にディアウォールを使いたいですね。

テキストのコピーはできません。