ディアウォールで弱い天井が抜けた!ラブリコでも浮く!対処法は?

ディアウォールで弱い天井が抜けた!ラブリコでも浮く!対処法は?

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない!

という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」が口コミで広まっています。

アイデア次第でおしゃれなインテリアを作れるのですが、設置する部屋の環境は人によってさまざま。

説明書通りに突っ張ったら天井が抜ける、というトラブルが実際にあります。

そこまでいかないにしても、天井板が浮くレベルであっても心理的には大ダメージです。

不幸にも天井の石膏ボードが浮いた!とならないよう、突っ張る上での注意点と力を支えられる下地の見つけ方の基本を見ていきましょう。

ここで下地というのは、

・天井を支えているコンクリート製や金属製、木製の梁
・建物の枠組みとなっている柱や梁

のことです。

突っ張る上での注意点

ディアウォールは、天井を10kg以上の力で突っ張りますので、天井側に強く支える下地がないと強く突っ張れません。

下地が弱いか、下地がないところを突っ張ると、天井が抜けてしまうこともあります。

別の記事で、突っ張る力を実際に測りましたので、参考にしていただければと思います。

天井の下地位置はさまざま

もしディアウォールで柱を立てようとする位置が、ワンルームで下のような感じだったとしましょう。

奥には外への出口があり、両側は壁です。右側の天井には梁と思われるでっぱりがあります。

よくある天井の構造を透視してみましょう。

太い梁に対し直角に渡した小梁(こばり)があり、天井裏に電灯配線を引き回してある、といった感じかもしれません。

コンクリート造のマンションの場合は、小梁はなく直接コンクリの天井になっていることもあります。この場合は天井が抜けることはありません。

ですが、集合住宅では何らかの梁があって、そこに天井板材を取り付けつつ天井裏空間を確保しているケースが大半です。

では、わかりやすい右側の梁の部分に柱を立てれば、天井が抜ける心配はしなくてもよさそうです。

そのほかに場所に柱を立てる場合、天井に張り巡らされた小梁のところ以外に力をかけると、天井仕上げの石膏ボードが割れて抜けてしまう恐れがあります。

ディアウォールは10kg強の強度で天井と床を突っ張ります。例えるなら、2Lペットボトルを6本入りで箱買い(=12kg)したような重量が、ディアウォールの小さな接地面積にかかっています。

梁の位置や間隔は一例であり、きちんとした方法で下地を探し当てて柱を立てることで、ディアウォールの失敗を未然に防ぐことができます。

下地の探し方

天井の石膏ボードを、人差し指や中指の第二関節でトントンと叩いて、場所ごとの音を聞き比べましょう。

木材の下地があるところは叩いた時の音が響かず、やや低い音になります。

下地がないところは、石膏ボードの裏側の屋根裏空間に音が響くので、軽い音になります。

ボード裏の下地を探す工具

ホームセンターで売られている、石膏ボード下地探しを使ってもよいでしょう。

石膏ボードに細い針を刺して、突き抜けるかどうかで判断するものですが、壁紙があればボードにあけた穴はわかりません。

電子式の下地センサーを使っても同じ成果が得られます。壁に少しでも穴をあけたくない場合は、非接触で下地の位置を判定できるセンサー式が良いでしょう。

始めは使い方に少しコツがいりますが、慣れればどなたでも扱えます。天井に限らず、単に突っ張り棒を壁に取り付けたいときでも、下地の場所が分かるとしっかりと固定できます。

天井まで手が届かない場合は

それでも、やみくもに柱を立てるのはおすすめしません。壁の上部には梁があるのが普通ですが、天井側にどのくらい張り出しているかわからないためです。

張り出しがなければ、ディアウォールで突っ張ったときに天井板がたわんでしまう可能性があります。

100均で売られている手ごろな硬い棒で、天井を叩いてみましょう。

ちなみに、突っ張り棒はゴムが両端についているので音がうまく出ません。プラスチックハンガーの角などでも代用できますよ。

テキストのコピーはできません。