網戸を自作、ネットの張替えから内倒し窓用網戸まで

網戸を自作、ネットの張替えから内倒し窓用網戸まで

みなさんのお宅で、窓の網戸は使えていますか。

エアコンを使うから窓は開けない、破れているから使っていない、という方。エアコンは部屋の空気の入れ替えはしませんので、換気のために窓を開けたいときもあるかもしれません。

ついている網戸ネットは、100均で手に入る材料を使いDIYで張替えできますので、業者に頼らず手作りしてみませんか。

お住まいが賃貸で元から網戸が付いていなかった、内倒し窓や出窓(外倒し窓)だから網戸レールがない、という方、網戸がないから窓も極力開けないというのはもったいないですね。

網戸は自分好みに自作することもできます。木枠を作れば、網戸自体は簡単です。作り方を読んで自作してみませんか。

市販網戸の網戸ネットをDIYで張替える方法、網戸枠から自作する方法を説明します。

サッシ網戸のDIY

網戸ネットを張り替えるグッズは、100均(品ぞろいの良い店舗)で手に入れることができます。網戸ネット、ゴムビート、ローラー、ダブルクリップがあれば良いでしょう。

まずは既存の網戸を窓のレールから外します。網戸サッシの左右をつかんで、上のレールに押し付けるように持ち上げると、下のレールから外れます。

外したサッシを広い床面に置いてネットを張り替えます。ゴムビートを外して古い網戸ネットを取り外したら、新しい網戸ネットを大きめに切ります。

網戸ネットは、ダブルクリップを使って、サッシの枠にたるまないように仮止めします。

仮止めした網戸を、ゴムビートで網戸サッシに固定していきます。ゴムビートを網戸ネットごと凹枠に押し込むように作業します。

このときゴムローラーがあると便利ですが、なくても割りばしの先などで細かく押し込めばできます。

ゴムビートをすべて押し込み終わったら、切断します。余った網戸ネットを、ハサミやカッターで切り取ります。これで完成です。

業者に張替えをお願いすれば、それなりの出張料金がかかりますが、DIYで張り替えれば部品代だけです。気軽にトライしてみてください。

手作り網戸の作り方

網戸サッシも、網戸レールもない場合、網戸枠と開閉機構をゼロから作る必要があります。

一般の横引き窓向けの網戸と、内倒し窓や出窓のように窓自体が内外へ飛び出す窓向けの網戸を、分けて説明します。

横引き窓向けの網戸

市販の網戸はレールがあり、左右に動かせる引き戸方式になっています。

自作では、網戸レールがない窓の室内側か、または室外側に網戸を取り付けますが、特に室内側につける場合、窓を操作するため網戸にもドア式の開閉機能をつけてあげます。

木製枠網戸の材料

開閉機能をつけた、室内側網戸の材料は以下の通りです。

木材(SPF材)19mm×19mm 長さ1,820mm
(窓の大きさに合わせて変更します)必要な本数を準備
木材(SPF材)19mm×38mm 長さ910mm
(窓の大きさに合わせて変更します)必要な本数を準備
網戸ネット
アジャスターボルト
木枠を作る固定材料 例:隅金、木ねじ
すきまテープ(クッションがついたもの)


木製枠網戸の作り方

①窓寸法に合わせて、SPF材の19ミリ×19ミリ品で縦・横用の角材を切り、長方形の網戸枠を、隅金と木ネジで固定します。

網戸枠の四隅の加工写真を載せますので参考にしてください。

木材同士をすべて、木工用接着剤で貼り合わせても構いませんが、ネジ固定の方が強度があり安心できます。

木枠のうち、窓の金属サッシや床面に向かい合った箇所には、ネジや固定部品を置かず、ネジを貫通もさせません。サッシや床面とこすれて、傷付きや塗装剥がれの恐れがあるためです。

SPF材の19mm厚みのものは、油断をすると木ネジで割れて台無しになります。FAQをご覧の上、注意して作業をお願いします。

②網戸枠に、網戸ネットを直接貼り付けます。ネジ頭や固定部品がない側に貼り、最終的には木枠の窓側に網戸ネットが来るようにします。

後ではがれにくいよう、網戸ネットの上から接着剤を塗布し、木材側に染み出すようにすると固定強度が得られます。ただし、接着剤の粘度が低いとこの方法はうまくいきません。接着剤の溜まりの上にネットが浮いてしまいます。

反対に、両面テープで貼り合わせるような、網戸ネットの片側にしか密着力が効かないとはがれやすいため、注意が必要です。

さらに、タッカーで固定していきます。凧やうちわに紙を貼るようなイメージです。

③窓枠に固定する固定用木材として、SPF材の19ミリ×38ミリ木材を必要な長さに切り、アジャスターボルトを取り付けます。

固定用部材の左右につけたアジャスターボルトを、どちらもボルトを突っ張る方向に回して、固定用部材全体を窓の額縁に押し付ける、という手法です。回しながら突っ張るのは、突っ張り棒と同じ要領です。

アジャスターボルトをネジで取り付けるためのエリアを確保するため、他の幅19ミリ木材とは異なり、幅38ミリのSPF材にしています。

④固定用木材と網戸枠を丁番で連結します。これで開閉できるようになります。

⑤最後に窓枠と接する下面にすきまテープを貼ります。作った網戸が窓枠とぴったり寸法が合わなくても、すきまテープにより大きさの微調整が効きます。

色々な窓へ応用が利く構造ポイントを三つ説明します。

網戸ネットは木枠のガラス窓側に直接貼り付ける。
開閉機構をつけるために、固定用の木材と網戸の木枠を分け、固定用の木材は突っ張り棒の要領で窓枠に固定する。
網戸枠と窓枠との隙間をクッション材でふさぐ、クッション材がつぶれた状態でちょうどよい密着状態が得られます。

木製枠網戸の使い方

まずは網戸を窓の内側、窓枠に載せます。

窓の額縁に固定するため、固定用木材のアジャスターボルトを突っ張り棒の要領で窓枠に突っ張らせます。

窓を開ける時や、窓のロックを外す時などは、網戸を室内側に大きく開き、それぞれの作業を行います。

外開き窓には、屋内側に飛び出した取っ手がついている場合があります。

その場合、網戸枠の下面に貼ったすきまテープ(例えばポリウレタン製のふかふか緩衝材が付いたもの)と額縁の摩擦で、網戸を適当な位置で止めて、取っ手と干渉しないように使ってください。

窓を開けて網戸を定位置に戻すときは、すきまテープを押しつぶす形で網戸をぴったりと窓枠に密着させます。

窓枠に取り付けるときは、アジャスターボルトの固定高さ位置を微調整して、開閉のしやすさが好みの硬さや状態になるようにしてください。


内倒し窓の網戸

この自作では網戸レールがない窓の室外側に網戸を取り付けます。窓サッシの他に、建物のモルタルやコンクリで出来た枠があれば、そこに自作網戸を設置します。

木製枠網戸の材料

網戸の材料は、繰り返しになりますが以下の通りです。

木材(SPF材)19mm×19mm 長さ1,820mm
(窓の大きさに合わせて変更します)必要な本数を準備
木材(SPF材)19mm×38mm 長さ910mm
(窓の大きさに合わせて変更します)必要な本数を準備
網戸ネット
アジャスターボルト
木枠を作る固定材料 例:隅金、木ねじ
すきまテープ(クッションがついたもの)

木製枠網戸の作り方、設置

一部は前半の繰り返しになりますが、再掲します。

①窓寸法に合わせて、SPF材の19ミリ×19ミリ品で縦・横用の角材を切り、長方形の網戸枠を、隅金と木ネジで固定します。

②網戸枠に、網戸ネットを直接貼り付けます。ネジ頭や固定部品がない側に貼り、最終的には木枠の窓側に網戸ネットが来るようにします。

③網戸の木枠に直接、アジャスターボルトを取り付けます。

ここからは前半とは違います。

窓の外側に網戸を一旦つけたら嵌め殺しでよいので、開閉機構は必要ありません。

窓枠に密着した状態を保つよう、突っ張りを利かせるためのアジャスターボルトを、網戸の上面のみに取り付けます。

④窓の外側から、網戸を取り付けます。

網戸の下面は、枠の床面にしっかり置きます。落下防止のため、木枠の方に摩擦を増やす隙間テープを貼ると良いです。コンクリやタイルの多少の凹凸を吸収し、座りが安定します。

網戸ネットを窓のサッシに密着させ、虫が侵入する隙間を無くすよう配置した後、網戸の上面のアジャスターボルトを伸ばし、枠の天井面に突っ張ります。

外に枠がない、足場がない場合

内倒し窓のサッシ面が建物の壁面とフラットな位置関係で、窓の外には網戸を突っ張る枠がない場合、また窓の外に足場がなく窓の外側に人が立って網戸をつけられない場合がでてきます。その場合の方法を説明します。

内倒し窓で完全に開かないのに、室内側から、窓サッシの外側に網戸をつけなくてはいけません。次の絵で、窓の右側にいる人が、左側から枠に網戸をつけることになります。

屋外側にコンクリ製の窓枠がある場合や、窓サッシが外壁とフラットに続いている場合など、様々です。

一番難しい、窓サッシの外に網戸を保持できる枠がない例を想定します。この場合、アルミの窓サッシに、マジックテープで直接網戸木枠を取り付けます。

外側に取り付けるという点では、網戸が元からある内倒しサッシ窓の方法と変わりません。次の絵で、灰色の窓サッシ部(左図)に網戸枠を取り付けます(右図)。

アルミ窓サッシは、金属で表面が平滑なためマジックテープ裏面の粘着力が効きやすいという利点があります。

反対に、網戸木枠側は粘着が弱くなりがちです。マジックテープの上からタッカーを打って補強してください。

マジックテープ程度で大丈夫か?と不安に思う方もいると思います。

基本的に内倒し窓が付くような小さい開口部は、風の流れがさほど強くない、室外から室内へ風が流れる箇所です。マジックテープを剥がす方向、つまり室内から外への風の流れが掛かりにくいのです。

マジックテープ自体の接着強度は高く、直射日光に曝されない位置のため強度劣化もしにくいです。

マジックテープをつけない枠部には、虫が入らないよう隙間をふさぐ隙間テープを貼ります。

網戸枠を取り付けるとき、室内側から外へ木枠を出し、落とさないように窓サッシに押し付けてマジックテープ同士の保持力を効かせます。

室内側から引っ張れるように、木枠には取っ手をつけるか、指でつかめるクギや木ねじを打っておきます。

それでも、作業中に万が一手を放したり、想定外の強風で剥がれることもゼロではありません。落下しないよう落下防止のワイヤ等(窓枠に挟まってもよい麻紐(ジュート)が良い、ビニールひもは紫外線に弱いので不可)を結んで対応します。

まとめ

網戸が自作できると、使わない冬場に木枠ごと取り外すこともできます。取り外すと網戸の掃除も簡単です。

また、窓に網戸がついていると採光が少し減りますので、取り外せるならば窓の印象が明るくなります。

テキストのコピーはできません。