アロンアルファに耐水性はありますか?

アロンアルファに耐水性はありますか?

回答:

アロンアルファは耐水性がなく長期の接着には向かない。

解説

瞬間接着剤の耐水性は?

100均の収納容器や突っ張り棒などのプラスチック製品、ちょっとした金属のDIYで、瞬間接着剤にお世話になることは多いです。

プラスチックや金属の接着は得意な分野です。

アロンアルファが有名で、100均でも手に入るので気軽に使えますが、水回りなどで使っても大丈夫なのでしょうか。

瞬間接着剤は耐水性がない

瞬間接着剤は何からできているかと言うと、瞬間接着剤の代名詞となったアロンアルフアをはじめ、基本はシアノアクリレート樹脂という合成樹脂です。

瞬間接着剤に含まれるシアノアクリレート樹脂は、保管中は液状ですが、接着したいところに表面に塗ると、表面にある水分を使って急速に接着反応を開始します。

水分が起爆剤になり、シアノアクリレート樹脂同士は互いに手をつなぐように反応して、固体状になり動かなくなります。

水にも反応する

この硬化した固体分が、水があると再び分解します。すぐに分解するわけではありませんが、徐々に接着強度が下がります。

アロンアルファが皮ふについたときはお湯でふやかして落とす、というのが有力な方法ですが、このように水と温度の合わせ技で弱らせることができます。

水に反応しにくい商品もある

アロンアルフアは工業用や趣味用もあり、アロンアルファ釣名人という、釣りの浮きや釣り糸結び目の接着に使うタイプもあります。

釣りに使うというと、水に浸けて大丈夫?と思いますが、耐水性はあるのでしょうか。

釣名人は、シアノアクリレート樹脂は85%程度しか含まれておらず、15%未満の企業秘密の混ぜ物が入っています。

シアノアクリレート樹脂が水と反応するのを阻害する混ぜ物でしょうね。

テキストのコピーはできません。