木工用ボンドは布を接着することはできる?衣類についたら?

NO IMAGE

回答:
布の網目に浸入するので普通に接着できる。衣類についたらなかなか取れないが、お湯・凍らせる等の方法がある。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工用ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入るのでなじみがありますが、例えば木工ではなく布は接着できるのでしょうか。

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。これを水に溶けるように処理して、液体状にしています。

木工用ボンドと布

水溶性のため、水が染み込む布とは相性が良く、接着できます。染み込んで接着面のボンドの塗布量が少なくならないよう、注意が必要です。

布は糸を編んで出来ていることから、伸縮性があります。一方、ボンドは固まった後の伸縮性はなく、引っ張りを加えたりする用途では剥離の恐れがあり向きません。

接着後にも柔軟性を保つことができる、ゴム系の接着剤が好ましいです。

もし衣類についたら

木工用ボンドは耐水性、耐熱性に劣るため、この弱点を組み合わせたお湯を使って溶かすのが効果的です。水でふやかしてもある程度は取り去ることができます。

固まってしまうと、水やお湯をボンドの内部まで染み込ませることは簡単ではありません。今度は力づくでとることになりますが、ボンドの構造を弱くするため凍らせると、そのタイミングでは表面をボロボロにもみほぐして取ることができます。

接着部の内部が露出すれば、またお湯を使ったり、100度近くまで加熱した熱湯を使ったりすると更に溶けてくれます。

テキストのコピーはできません。