木工用ボンドに防水性はあるの?

NO IMAGE

回答:
原則、防水性はない。木工用ボンドを薄く塗り透明に乾燥させることができ、接着強度が必要なければ、少しの水は大丈夫。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工用ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入り、粘度と色合いはタイルのシーリング材に似ているので、防水性もありそうに感じますが、実際はどうなのでしょうか。

木工用ボンドの仕組み

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。これを水に溶けるように処理して、液体状にしています。

接着成分を溶かした水が大気中に蒸発したり、接着する基材に吸収されたりして、ボンドの液体の中から水分が飛ぶと固まります。

防水性の考え

一旦、透明になるまで乾燥すると、接着剤成分の樹脂同士が密集しますので、水は入りにくくなります。

一方で、生乾きのような白いボンドの状態が残っていては、内部に水が残っていて防水の効果は望めません。

貼り合わせて接着強度が必要な場合は、そもそも水と接触させることは厳禁です。接着強度は水の存在で格段におちます。

よって、完全に乾燥させられるほど薄く塗る用途で、接着はせず密着力の心配がなく、そのうえで防水性を期待するならば、使えないことはありません。

そもそも接着しない場合は、ほかにも手段は多くありますので、よく比較していただくと良いと思います。

テキストのコピーはできません。