カラーボックスで机作り、机板のたわみの補強方法

NO IMAGE

おなじみのカラーボックスは、部屋の収納力を上げてくれる便利な家具ですが、カラーボックスを使っておしゃれな机を実現している人が増えています。

一人暮らしの方や、子供部屋にまずは簡単な机を置きたいなど、場所を取らない机がないかなと考えるときに、すぐ手に入るニトリや無印、IKEA、カインズのカラーボックスを組み合わせて、机にできると嬉しいですね

机を製作しよう、と組み合わせを検討し始めたときの懸念点の一つに、机の板材は曲がってしまわないか、何か補強をしたほうが良いのかな、とものがあります。どのように補強するのが良いのでしょうか。

角材で補強

板材に角材を取り付けると、角材の曲がりにくさで板材のたわみの防止に役に立ちます。

また、カラーボックスに傷をつけたくなくて板材を載せるだけ場合に、角材があればずれ防止になります。

角材に釘やネジ締めをするとき、角材側から板材側に打つと机表面に加工跡が見えず、きれいになります。釘やネジの長さをよく吟味し、貫通しないように気を付けましょう。

板材の選定

板材自体の選定を事前に検討しておけば、補強がなくても使えるようになります。

板材は、薄すぎてもたわみますし、厚すぎても重くなり、カラーボックスに負荷がかかります。たわみは計算で求めることが可能です。

自重でたわまない程度の厚みでは危なく、肘をついたり立ち上がる時に体重を掛けたりしても大丈夫な程度を想定しましょう。ヒトの上半身の重さは全体重の約24% (頭8%, 上腕8%, 二の腕6%, 手2%)と言われます。体重60kgの成人なら約15kgとなりますので、余裕を見て20kgが掛かるときの試算にします。

板材の材料として便利な、パイン集成材とスギ合板(ベニヤ板)で」、板材の幅と板厚を変数として、たわみを試算してみます。

パイン集成材

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 1.6mm 5.8mm 14.1mm
18mm 0.5mm 1.7mm 4.3mm
24mm 0.2mm 0.7mm 1.9mm

板材がカラーボックスに掛かる位置を支点とした場合、支点間の距離が広くなると、たわみに弱くなるため、板材を厚くする必要があることを示しています。

スギ合板

奥行450mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 4mm 14.1mm 34.1mm
18mm 1.2mm 4.3mm 10.6mm
24mm 0.5mm 1.8mm 4.6mm

スギのベニヤ板はたわみ的に厳しいですね。普通に使う分には問題ないですが、とっさの時に体重をかけるとたわみやすいので、板材の幅を狭め、板厚も大きくとる必要があります。

テキストのコピーはできません。