キッチンのゴミ箱をうまく縦に配置したい、どんな自作方法がある?

NO IMAGE

キッチンに置いてあるゴミ箱は、おそらく家の中で一番使われているゴミ箱ではないでしょうか。

食材の包装袋や生ごみなど、日々発生するごみはたいてい、キッチンの燃えるゴミ入れに直行します。

その他にも、多くの地域でごみの分別回収が進んだことから、ゴミ箱の種類が増えてしまっています。うまくキッチンに収納したいものです。

ゴミ箱を「収納」

ゴミ箱を、すべて床置きにすると、とても場所をとってしまいます。

効率的に配置できるような工夫が必要です。

市販品でもこのようなシステムゴミ箱はあるもので、隙間からスライドして引き出せたり、縦方向に斜めに収納できたりします。

縦方向に積めるような、ゴミ箱棚を作ってみます。

ゴミ箱を斜めに積む

ゴミ箱の開口部は、普通は上面にありますので、縦方向に積んでかつ投入しやすくするには、ゴミ箱が斜めに配置できるようにします。

ゴミ箱をサポートする棚板を、奥側が下がるような斜めに配置することを考えます。

棚板を左右で支持する角材4本か2枚の縦板、ゴミ箱サイズにあった棚板を準備します。

棚板は傾いて取り付けますので、普通の棚受け金具は使いにくいです。シンプルなL字金物や金折で取り付けます。

または、棚板の厚みを大きくし、棚板の側面に直にビスを打って固定しても良いです。

普通の棚とは異なり、背面にはゴミ箱が棚板からずり落ちてくるのを押さえるよう、棚板の途中にL字金物を止めるかビスを立てて、ずり落ちをおさえます。

最もシンプルにはこれで出来上がりです。

あとは、棚板を縦方向に水平に増やしていきます。複数のゴミ箱の開口部位置があっていると綺麗に見えるので、ゴミ箱の奥行にあわせてずり落ち押さえの位置を変えます。

更にこのゴミ箱マンションが隙間に収まっていて欲しい場合は、キャスターを取り付けてスライドできるようにしましょう。

テキストのコピーはできません。