うさぎが賃貸の壁紙や柱をかじる!自作で柱カバーを作ろう!

うさぎが賃貸の壁紙や柱をかじる!自作で柱カバーを作ろう!

うさぎさんはとても愛らしく、においも少なく鳴くわけでもないので、一人暮らしや賃貸マンションでも飼いやすいペットといえそうです。しかし、賃貸住まいの方は特に気を付けたいのが、「かじり」。

壁紙や柱、カーペット、扉など、うさぎさんによって好奇心の程度の大小はあれど、興味のあるところをクンクンと嗅ぎ、あご下のにおいをすりつけ、そしてかじる...ウサギの習性で仕方がないのですが、椅子の脚や電気コード、段ボールなど好好き放題にかじるので、気が気ではないです。

大声で叱ったところでストレスを与える可能性がありますし、野生の習性の残りなら無理に防止できるはずもありません。

人間が壁を守る

うさぎさんのしつけで何とかするのは期待せず、人間があらかじめガードを置き、壁紙や柱を守りましょう。

100均にある、家具の角でのけがを防止するためのクッションで用が足りそうなのですが、かじって食べたときにうさぎの胃腸で消化できない材料は、うっ滞に繋がりそうで使えません。

プラスチック材料でできたプラダンやフロア用ジョイントマットなどは、壁のガードに使うのはやめておきます。

ここは木材しかないと考えています。安価な木材を使って壁ガードを手作りしてみました。

ウサギガードの作り方


木板は、ダイソーにも置いてある安価なMDF材を選びました。ある程度高さ方向が大きい方がかじられにくいので、大きい板をホームセンターで入手します。

厚みはもっとも薄い2.5mmです。木板だけだと自立せず、ガードが維持できない問題がでました。壁紙にテープ貼りで固定するのも汚いです。

自立させるために、MDF板と丸棒木材を、タッカーで固定してみました。

イメージは、びょうぶのように板同士に互いに角度をつけて上げて、板を立たせる感じです。壁ガードでは、壁コンセントの場所などはガードせず避けたいので、この部分に凸凹をつけます。

MDFは接着合成板ということで、くぎが効かないらしいです。代わりにタッカー程度で加工ができるというのがありがたいところです。

びょうぶのようにして板が立つので、あとは壁に沿わせてどんどん延長します。板同士の固定もやはりタッカーです。

効果

どうでしょう! 高さが60cmあるので、壁紙には届きません(ウチの子はミニウサギとネザーランドドワーフ)。しかも表面の凹凸が少なく摩擦が小さいので、うさがよく前歯を立ててがじっているのですが、不発です!削れません。うたっちして、前足で掘るしぐさをしますが、これまた爪がひっかかりません。

すごい効果です、MDFもプラダンも表面はツルツルなのですが、MDFの硬度が良いのでしょう。

まとめ

うさぎに安全で簡単な柵の作り方でした。でも、高さに慣れたころに、扉がある箇所から、数回脱走されてしまいました。

更に板を追加したことは言うまでもありません。

高さ60cmだと、もしかすると大型のロップイヤーのうたっちで届いてしまうかもしれませんね。うちの子の大きさに合わせて、90cm長のMDF板で壁を守ると良いです。

MDF板は安くて、効果は絶大です。畳に貼ることでかじりの防止にもなります。是非試してみて欲しいです。

テキストのコピーはできません。